コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガダ国 マガダこくMagadha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガダ国
マガダこく
Magadha

古代インド,ビハール州南部の平野部にあった国。前6世紀より 1000年以上にわたり古代インドの政治,経済,文化の中心であった。この国に興った諸王朝の都は初めラージャグリハ (王舎城) におかれたが,前5世紀後半 (あるいは前4世紀前半) からガンジス河畔のパータリプトラ (華氏城) に移された。ブッダとジャイナ教の始祖バルダマーナが活躍したのは,この国を支配したビンビサーラ王とその子アジャータシャトル王の時代であり,この両王の時代 (前6~5世紀) からマガダ国は領土を四周に広げ,のちのインド統一の基礎を築いた。肥沃なガンジス平原の中央に位置したこの国は,農産物のほか鉱産物にも恵まれていた。前4世紀末にこの国に興ったマウリヤ朝はこうした経済力を背景にインド亜大陸のほぼ全域を統一した。また4~5世紀にはグプタ朝がこの地に興り,北インド全域を支配している。現在,パトナ (旧パータリプトラ) ,ナーランダラージギル (旧ラージャグリハ) ,ブッダガヤーなどの地で,仏教時代の遺跡が多く発掘,保存されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マガダ国の関連キーワードシャイシュナーガ朝チャンドラグプタアショーカ王コーサラ国ラジギール十六大国波羅奈国頻婆娑羅耆闍崛山竹林精舎尼連禅河ナンダ朝阿闍世目犍連霊鷲山韋提希舎利弗跋難陀鶏雀寺鶏足山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android