コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マグヌス1世[スウェーデン王] マグヌスいっせい[スウェーデンおう]Magnus I Ladulås

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マグヌス1世[スウェーデン王]
マグヌスいっせい[スウェーデンおう]
Magnus I Ladulås

[生]1240
[没]1290
スウェーデン王 (在位 1275~90) 。ビルイェル・ヤルルの次男。フォルクング王家の祖である兄バルデマールに対して反乱を起し,みずからマグヌス1世として王位についた。民兵制を廃止し,騎士制度を採用 (80) ,高級貴族と聖職者とから成る元老院をつくるなど封建制の整備を行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マグヌス1世[スウェーデン王]の関連キーワード浅原為頼浅原為頼ハルジー朝ハルジー朝コインブラ大学ストラスブール大聖堂仁治藤原秀能ばら物語ラムセス2世

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android