コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスカット マスカットMuscat

翻訳|Muscat

8件 の用語解説(マスカットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスカット
マスカット
Muscat

アラビア半島南東部,オマーンの首都。この名称は,この国が 1970年までマスカットオーマンと呼ばれている時でも使用されていた。オマーン湾に臨む小半島上に位置し,険しい岩山が背後に迫る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マスカット(Masqat)

オマーンの首都。アラビア半島東部、オマーン湾に臨む港湾都市。古くからの海上貿易の要地で、ナツメヤシ・真珠などを輸出。人口38万(1990)。

マスカット(muscat)

ブドウの一品種。実は大粒で緑色をし、香りがある。ヨーロッパの原産。 秋》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マスカット

オマーンの首都。オマーン湾岸最大の港湾都市で,天然の良港。16世紀のポルトガル領以降貿易の拠点として繁栄してきたが,現在その中心は隣接するマトラに移っている。現在もデーツ,乾魚,果実を輸出し,食糧,繊維を輸入している。
→関連項目オマーン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

マスカット【muscat】

ブドウの一品種。アラビア半島原産。粒は大形で黄緑色に熟し、香りが高く甘味が強い。

マスカット【Masqat; Muscat】

オマーン国の首都。アラビア半島の東部、インド洋に臨む港湾都市。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

マスカット【muscat】


ヨーロッパ各地で栽培される白ワイン用のぶどうの品種。フランスでは「ミュスカ」、イタリアでは「モスカート」、スペインで「モスカテル」という。数多くの亜種があり、日本で「マスカット」と呼ばれ、生食用に栽培されるのはその一つである「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスカット
ますかっと
Masqat

アラビア半島南東部、オマーンの首都。オマーン湾南岸に位置する港湾都市である。人口4万0856(1993センサス)、6万0100(2002推計)。天然の良港で、古代から海上貿易の中心として栄えてきた。16世紀初頭ポルトガル人が占領して、約150年にわたって支配した。18世紀中葉以降、現サイード王朝の首都となった。かつてはアラビア半島で最良の停泊地といわれたが、後背地に恵まれず、内陸との交通が不便なため、現在は近隣のマトラーに貿易、交通上の地位を譲っている。ペルシア湾の入口という戦略的地位を占め、アメリカ空軍がマスカット空港を使用している。港の背後のアハダル山の山麓(さんろく)では、ポルトガル人がもたらしたといわれるマスカット・ブドウが栽培されている。[高橋和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マスカットの関連情報