コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチエール matière(仏)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マチエール
matière(仏)

本来は材料,素材を指す言葉だが,特に絵画では,作品表面の肌合いをいう。用いられている絵具材質感や厚塗り,薄塗りなど絵具の層の違いから受ける重厚さや滑らかさなど,画家の個性や技法で作品の肌合いは異なる。マチエールの良しあしが作品の完成度に寄与する点も大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マチエール(〈フランス〉matière)

材料。素材。材質。
美術で、絵画の絵肌彫刻の質感など、作品における材質的効果。また、表現されたもの固有の材質感。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マチエール

美術作品の材料や材質,素材を意味するフランス語。転じて,例えば衣服金属などの描かれた対象に固有の物質的な材質感を指すこともある。また絵画や彫刻作品そのものの表面の質感を指して使われる場合も多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

マチエール【matière】

材料。材質。
素材・材質によってつくり出される美術的効果。材質効果。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マチエールの関連キーワードモロー(Gustave Moreau)ホワイト(Minor White)コブラ(現代美術のグループ名)デュビュッフェアンフォルメル抽象表現主義A. ミノースゴンザック加藤 東一中間 冊夫グアッシュバゼーヌ小杉放庵藤田嗣治小出楢重セザンヌタピエス岡鹿之助荻須高徳鳥海青児

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マチエールの関連情報