マチエール

精選版 日本国語大辞典「マチエール」の解説

マチエール

〘名〙 (matière) 材料材質。特に美術では、さまざまな素材や、その種々の使用法によって作り出された画面の肌および、その質感のこともいう。
※超現実主義の現代的意義(1937)〈滝口修造〉「あまりに個人主義的なマチエイルや技法を尊重し過ぎた近代自然主義絵画への反動でもある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マチエール」の解説

マチエール
matière(仏)

本来は材,素材を指す言葉だが,特に絵画では,作品表面の肌合いをいう。用いられている絵具の材質感や厚塗り,薄塗りなど絵具の層の違いから受ける重厚さや滑らかさなど,画家の個性や技法で作品の肌合いは異なる。マチエールの良しあしが作品の完成度に寄与する点も大きい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「マチエール」の解説

マチエール

美術作品の材料や材質,素材を意味するフランス語。転じて,例えば衣服金属などの描かれた対象に固有の物質的な材質感を指すこともある。また絵画や彫刻作品そのものの表面の質感を指して使われる場合も多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android