(読み)りょう

精選版 日本国語大辞典「料」の解説

りょう レウ【料】

〘名〙
[一]
① 器具、衣服、飲食物など、何かの用にあてる物。ある物事に使用する物。
※延喜式(927)一「食薦六枚輦籠一口〈已上祭料〉庸布二段、〈略〉輦籠一脚〈已上祓料〉」
② ある物を作るための材料。資料。
※延喜式(927)一「祝詞当色袍一領料。紺絁三丈七尺。裏料緑帛三丈五尺」
③ ある物事のもとになるもの。根拠となるもの。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「女御殿の宮ばらの大将のめでたきさいはひのれうなりけり」
④ 僧などへのお礼の用にあてる物。布施(ふせ)
※源氏(1001‐14頃)浮舟「そのちかき寺にも御誦経せさせ給へとて、そのれうのもの、文などかきそへてもてきたり」
⑤ ある用にあてる人。召し使ったり、身近に従えたりするための人。
※源氏(1001‐14頃)乙女「かしづきなどしたしう身にそふべきは、いみじうえりととのへて、その日の夕つけてまゐらせたり、〈略〉捨つべうもあらず、とりどりなる童べのやうだい・かたちをおぼしわづらひて、いま一ところのれうをこれよりたてまつらばやなど、笑ひ給ふ」
⑥ 何かの代償とするための金品。費用。代金。料金。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「ないしのかんの殿に、きぬ百疋、あや廿疋、おり物、うすもの、そめくさなどはことにたてまつり給、をはりのかみにれうを給ひてせさせ給ふ」
⑦ 名詞に助詞「の」を伴ったものに付いて、そのものに、利益・恩恵を与えることを表わす。利益。便益。
※枕(10C終)七七「供の随身どもの、さきを忍びやかにみじかう、おのが君たちのれうに追ひたるも、遊びにまじりてつねに似ずをかしう聞ゆ」
[二] 形式名詞として用いる。
① 意志を持って行なう動作の目的を表わす。ため。
※竹取(9C末‐10C初)「なしの用にかあらんと申。答ての給やう、つばくらめのもたる子安貝をとらんれう也との給」
② いろいろな連体修飾の語を受けて、その事柄が他の事柄の理由・原因・根拠であることを表わす。わけ。せい。ため。
※今鏡(1170)七「かぜなどのれうにておはしましけるにや、ひが事ぞつねにし給ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「料」の解説

りょう〔レウ〕【料】

ある事に支払う金銭。代金。「入場」「原稿
ある事に使用するもの。材料。しろ。
「御笏(おんしゃく)の―とした一位の木(=アララギ)を産するのでも名高い」〈藤村夜明け前
目的。理由。ため。
「燕(つばくらめ)のもたる子安の貝を取らむ―なり」〈竹取

りょう【料】[漢字項目]

[音]リョウ(レウ)(呉)(漢) [訓]はかる
学習漢字]4年
見当をつけてはかる。おしはかる。「料簡(りょうけん)料理思料予料
あることのために使うもの。「料紙衣料飲料原料香料材料資料飼料食料染料塗料燃料肥料
代金。「料金過料給料見料稿料席料送料損料無料
「料理」の略。「料亭
[名のり]かず

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android