コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヒワ マヒワSpinus spinus; Eurasian siskin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヒワ
Spinus spinus; Eurasian siskin

スズメ目アトリ科。全長 13cm。雄は,額部が黒く,後頭部から背,翼上面は黄緑色で黒い縦斑がある。胸腹部は黄緑色,下腹部は黄白色,脇には黒い縦斑がある。雌は雄に似るが,額の黒色部のほか体全体の羽色が淡い。繁殖分布はユーラシア大陸の東部と西部に分かれていて,中央部には生息しない。西側はアフリカ北端部を含むおよそ東経 70°以西の中央アジアからヨーロッパに,東側はウスリー,アムール地方,サハリン島千島列島南部と,数は少ないが北海道に繁殖分布している。日本には北海道以外の各地にも冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,平地から低山の森林に群れをなして生息している。「ちゅいんー,ちゅいんー」と聞こえる独特の地鳴きをする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マヒワ

アトリ科の鳥。翼長7.3cm。全体に黄緑色で頭上とのどは黒。黒い縦斑が翼と尾にある。雌は色が淡い。ユーラシア西部と東アジアに分布。日本へは冬鳥として渡来するが,北海道や本州北部の亜高山で繁殖するものもいる。
→関連項目ヒワ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マヒワ
まひわ / 真鶸
siskin
[学]Carduelis spinus

鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。俗にヒワともいう。ヨーロッパアジア亜寒帯に広く繁殖分布し、日本でも北海道の山地の針葉樹林で繁殖するほか、多数が冬鳥として渡来する。全長約12~13センチメートル。雄は緑黄色で、鶸(ひわ)色の由来となっている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マヒワの関連キーワード生痕化石縄文漆製品アカゲライガイイモリ郡里廃寺跡核力γ線アオリイカクイナ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone