コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヒワ マヒワ Spinus spinus; Eurasian siskin

3件 の用語解説(マヒワの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヒワ
マヒワ
Spinus spinus; Eurasian siskin

スズメ目アトリ科。全長 13cm。雄は,額部が黒く,後頭部から背,翼上面は黄緑色で黒い縦斑がある。胸腹部は黄緑色,下腹部は黄白色,脇には黒い縦斑がある。雌は雄に似るが,額の黒色部のほか体全体の羽色が淡い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マヒワ

アトリ科の鳥。翼長7.3cm。全体に黄緑色で頭上とのどは黒。黒い縦斑が翼と尾にある。雌は色が淡い。ユーラシア西部と東アジアに分布。日本へは冬鳥として渡来するが,北海道や本州北部の亜高山で繁殖するものもいる。
→関連項目ヒワ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マヒワ
まひわ / 真鶸
siskin
[学]Carduelis spinus

鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。俗にヒワともいう。ヨーロッパアジア亜寒帯に広く繁殖分布し、日本でも北海道の山地の針葉樹林で繁殖するほか、多数が冬鳥として渡来する。全長約12~13センチメートル。雄は緑黄色で、鶸(ひわ)色の由来となっている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヒワの関連キーワード河原鶸五色鳥鍋鸛花鶏交喙烏帽子鳥砂鶏紅猿子ヒワ(鶸)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone