コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マラ

百科事典マイペディアの解説

マラ

フィジーの政治家。高位の先住フィジー人首長の出自で,独立移行時には憲法制定などフィジーの国づくりに貢献。1970年の独立後は長く首相と外相を兼任。南太平洋フォーラムの設立にも尽力した。

マラ

フランス革命指導者。スイス出身。初めは医師。1789年《人民の友》紙を発行してパリ民衆の革命的民主主義擁護国民議会上層ブルジョアや立法議会ジロンド派を攻撃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マラ【Jean‐Paul Marat】

1743‐93
フランス革命期の政治家。スイスの中流市民の家に生まれ,フランスのボルドーとパリで医学を修め,22歳ころイギリスに渡って,医者を開業するとともに文筆に親しみ,専制政治や宮廷の腐敗を批判した《奴隷の鎖》(1774)を英語で出版した。1777年にフランスに戻ったマラは,パリでアルトア伯の侍医などをしながら,自然科学の論文や刑罰制度の改革を論じた著作などを発表した。フランス革命が始まると,89年の秋から《人民の友L’Ami du Peuple》という新聞を刊行して宮廷や政府を攻撃し,早くから共和主義の論陣を張り,その論調の鋭さで民衆の人気を得て〈人民の友〉とあだ名された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマラの言及

【コルデー】より

…フランス革命期にJ.P.マラを暗殺した女性。コルネイユの子孫としてノルマンディーに生まれ,はじめはフランス革命に同感していたが,1793年に,国王の処刑とジロンド派の追放によって革命の進行に疑念を抱き,ジロンド派に同情して,恐怖政治の指導者マラの殺害を志した。…

※「マラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マラの関連キーワードカラーポイント・ロングヘアスターヌマラヤン寺院太平洋諸島フォーラムマサイマラ国立保護区オセアニア史(年表)セレンゲティ国立公園ジョン クニッテルコルドリエ・クラブチョウセンカモシカグアテマラシティーチェジュ(済州)道ハイイロゴーラルピーター ワイスサン・キュロットマライタ[島]カパ(加波)島アロマライトニヤサランドヒマラヤ山脈アマランサス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マラの関連情報