コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルシャーク マルシャーク Marshak, Samuil Yakovlevich

5件 の用語解説(マルシャークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルシャーク
マルシャーク
Marshak, Samuil Yakovlevich

[生]1887.11.3. ボロネジ
[没]1964.7.4. モスクワ
ソ連の詩人。 1907年頃から詩作の発表を始め,その後ロンドン大学に留学。ワーズワスシェークスピアバイロンなどの翻訳と研究にも大きな業績がある。 20年代初めから児童文学の分野でめざましい活躍を始め,児童向けの作品を集大成した代表作『お話,歌,謎々』 Skazki,pesni,zagadkiや,児童劇『森は生きている』 (原題『12ヵ月』) Dvenadtsat' mesyatsev (1943) は広く海外にまで知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マルシャーク

ロシア(ソ連)の詩人。ロシアのボロネジ生れ。ソビエト児童文学の創始者の一人。M.イリインの兄。下級技師の家に生まれ,ペテルブルグロンドンに学び,革命後,児童・教育問題への関心を深めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マルシャーク【Samuil Yakovlevich Marshak】

1887‐1964
ソ連邦の詩人,劇作家。ソ連児童文学の創始者の一人。イギリス詩の翻訳家としても著名。ボロネジ市のセッケン工場技術者の家の生れ。少年時代に詩の才能をゴーリキーに認められ,影響を受ける。1907年から雑誌に詩を発表。12年から14年までロンドン大学に留学。第1次世界大戦中,戦災孤児の救援活動を行う。20年施設〈子どもの町〉を創設し,その劇場のために児童劇を書く。以後,本格的に児童文学と取り組み,最初の詩集《おりの中の子どもたち》(1923)をはじめ,簡潔で温かみのある表現,洗練された文体の詩や戯曲を次々と発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マルシャーク【Samuil Yakovlevich Marshak】

1887~1964) ソ連の詩人・児童文学者。子供たちに広く愛誦された数多くの詩のほか、児童劇「森は生きている」が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルシャーク
まるしゃーく
Самуил Яковлевич Маршак Samuil Yakovlevich Marshak
(1887―1964)

ロシアの詩人、劇作家。ソビエト児童文学の創始者の一人。11月3日、ボロネジ市のせっけん工場勤めの化学技術者の家庭に生まれる。年少のころから詩作に才能を示し、1902年15歳のとき、文芸評論家スターソフVladimir Vasil'evich Stasov(1824―1906)に認められ、息子のように愛され、レーピン、リムスキー・コルサコフ、シャリアピンなどペテルブルグの一流の芸術家の知遇を得た。のちゴーリキーに招かれてヤルタの中学に学ぶ。その少年期については自伝『人生のはじめ』(1960)に詳しい。12~14年イギリスに留学。第一次世界大戦中は、避難児童施設に働き、十月革命(1917)後、児童文学に全力を傾けて取り組み、ゴーリキー、チュコフスキーらと新しいソビエトの児童文学をつくり、若い作家を育成した。
 その詩は、けれんみのない美しいことばと、磨きぬかれた文体をもち、暖かくしかも知的で、説得力に富む。詩は『おりの中のこどもたち』(1923)、『郵便』(1925)、『ミスター・トウィスター』(1933)など多数。また児童劇『森は生きている』(原題『十二月(じゅうにつき)』1943)はソビエト児童劇の代表作で、ほかに『魔法の品売ります』(1964)などがある。また一方、シェークスピア、バイロン、キーツ、ブレイク、ハイネらの翻訳者としても高い評価を受けている。4回ソ連邦国家賞を受け、1963年レーニン賞も受賞。64年7月4日没。[内田莉莎子]
『村山士郎・北畑静子訳『人生のはじめ』(1968・理論社) ▽内田莉莎子訳『しずかなおはなし』(1963・福音館書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマルシャークの言及

【児童文学】より

…F.K.ソログープは暗い影の多い不思議な小説を作り,L.N.トルストイはおおらかな民話と小品を発表した。革命後の新しい児童文学の父はM.ゴーリキーであったが,彼はとくに子どものものを書かずに,V.V.マヤコーフスキーやS.Ya.マルシャークやK.I.チュコフスキーにその実りをゆずった。そのうちでマルシャークは第一人者として,《12の月(森は生きている)》(1943)のような劇やたくさんの童謡を発表している。…

※「マルシャーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルシャークの関連キーワードボロネジいろねハボローネぼろぼろの木Воронежボロネツ修道院ボロネーゼガベロネスカーボロネロゴロネ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルシャークの関連情報