コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルティヌー マルティヌーMartinů, Bohuslav

5件 の用語解説(マルティヌーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルティヌー
マルティヌー
Martinů, Bohuslav

[生]1890.12.8. ポリチュカ
[没]1959.8.28. リースタール
チェコの作曲家。プラハ音楽院バイオリンを学び,チェコ・フィルハーモニー管弦楽団に所属したが,1923年にパリに出て A.ルーセルに作曲を師事。 40年にナチスから逃れてアメリカに移住し,プリンストン大学バークシャー音楽センターで教えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マルティヌー

チェコの作曲家。少年期から作曲とバイオリンに才能をあらわし,1906年−1910年プラハ音楽院に入学。1917年−1923年チェコ・フィルハーモニー管弦楽団でバイオリン奏者を務め,その間スークに作曲を学ぶ。
→関連項目合奏協奏曲

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

マルティヌー

ボヘミアのポリチュカ生まれ。チェコの作曲家。内向的な性格で、幼少の頃から、音楽面ではかなりの才能をみせていた。1900年から作曲を始め、数多くの室内楽曲をのこした。
19東ボヘミア06年にプラハ音楽院 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルティヌー【Bohuslav Martinů】

1890‐1959
チェコの作曲家。バイオリン奏者として活躍を始めるが,独学であった作曲がしだいに中心となり,作曲家のJ.スークらの教えを受ける。初期にはチェコの民謡に興味をもっていたため民族的色彩が強い曲を書いていたが,1910年代にはドビュッシーの影響を受けた印象主義的作風をとる。23年パリに留学,同地にとどまってフランス六人組ストラビンスキーに近づき,新古典主義的な作風をとり,ネオ・バロック的な作品を残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルティヌー
まるてぃぬー
Bohuslav Martin
(1890―1959)

チェコスロバキアの作曲家。J・スークおよびA・ルーセルに師事。新古典主義に属する作曲家であるが、その音楽は、民族主義的作風、コンチェルト・グロッソをはじめとするバロック時代の音楽形式への傾倒、ジャズイディオムの導入など、折衷主義的傾向を示している。第二次世界大戦中はアメリカに渡り、プリンストン大学、カーティス音楽学校などで教鞭(きょうべん)をとる。多作家として知られ、その作品はオペラ、バレエなどの劇音楽から、管弦楽曲、協奏曲、室内楽曲、合唱曲に至る膨大な数に及んでいる。[寺田兼文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルティヌーの関連キーワードドイツ映画造船業エルトゥールル号の遭難事故カプリービ大不況長沢別天ラルヴィク岩ディトゥロ閃長岩ルジャヴル岩家資分散

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルティヌーの関連情報