コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレー文学 マレーぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレー文学
マレーぶんがく

マレー (マレーシア) のマレー語文学。口承文芸としては,動物寓話,滑稽物語,なぞなぞ,パントゥンなど民衆の間に広く伝わったもののほかに,専門の語り手が語り伝える物語もあった。記載文学の始りは 14世紀のイスラム伝来以降で,アラビア文字の採用によった。インド,アラブ,ペルシア,ジャワ系の翻案物の多いなかで,マレーの歴史書『スジャラ・ムラユ』,英雄物語『ヒカヤット・ハントア』はマレーの古典文学として最も有名である。韻文としてはシャイールが行われた。これら古典文学と近代文学をつなぐ存在が 19世紀のアブドゥッラーである。近代小説は 1920年代後半からサイド・シェイフ (1867~1934) らによって始められた。第2次世界大戦後の作家,詩人としては,クリス・マス (22~ ) ,トンカット・ワラント (28~ ) ,A.サマッド・サイド (35~ ) ,アレナワティ (25~ ) ,シャーノン・アフマッド (33~ ) らがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マレーぶんがく【マレー文学】

マレー文学はヨーロッパ文明がマレー社会に衝撃を与えた19世紀を境に,古典文学と近代文学に分けることができる。古典文学はインド,ジャワ,そしてペルシア・インド的要素をおびたイスラムなどの影響を受け,それら異質な文化を融合しながら固有の文学として発達した。イスラムのマレー文学への重要な貢献はジャウィと呼ばれるアラビア文字の導入で,19世紀以前のほとんどすべての文学はジャウィで書かれ伝えられた。古典文学はこのような書かれた文学と口承文学の二つのカテゴリーに分類することができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マレー文学の関連キーワードアミール・ハムザーアブドゥッラー物語インドネシア文学