コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンデル酸 マンデルさんmandelic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンデル酸
マンデルさん
mandelic acid

α-ヒドロキシフェニル酢酸の別名。一般にそのラセミ体をさす。化学式 C6H5CH(OH)COOH 。無色板状晶,融点 119℃。水,アルコール,エーテル可溶水溶液は酸性を示す。アセトフェノンベンズアルデヒドなどから合成され,尿路殺菌剤として内服されることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マンデルさん【マンデル酸 mandelic acid】

芳香族ヒドロキシ酸の一つ。α‐オキシフェニル酢酸ともいう。名称はmandel(ヘントウ)に由来し,アーモンドと同語源。光学異性体がある。その中のラセミ体(dl‐マンデル酸)は,融点119℃(水から再結晶)の無色の板状結晶。マンデロニトリルの加水分解によって得られ,マンデロニトリルはベンズアルデヒドにシアン化水素を付加させれば得られる。天然アミグダリン(クヘントウなどに含まれる配糖体)の加水分解によって得られるl‐マンデル酸は,S‐型絶対配置を有する融点133.8℃の板状結晶で,比旋光度=-159.73(C2H5OH)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンデル酸
まんでるさん
mandelic acid

ヒドロキシカルボン酸の一つ。α(アルファ)-ヒドロキシフェニル酢酸、フェニルグリコール酸ともいう。苦扁桃(くへんとう)(ハタンキョウの一種)などに含まれている。
 ベンズアルデヒドにシアン化水素を付加させたのち、加水分解すると得られる。無色の板状結晶で、水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルに溶ける。遊離酸またはカルシウム塩の形で尿路防腐剤(医薬)として用いる。マンデル酸は不斉(ふせい)炭素原子をもつので、光学異性体をもつ。普通はラセミ体(DL体)として知られているが、ブルシンを用いて光学分割するとL体、l-メントールを用いて光学分割すればD体が得られる。ブルシン(アルカロイドの一種)やl-メントールは対称性のない(キラルな)分子であり、一対の光学異性体の一方(一つのエナンチオ異性体)だけと強く結合するので、これを利用して光学異性体の一方を分け取ることができる。なお、光学分割とは、両方の光学異性体の混合物であるラセミ体から、それぞれの光学異性体(たとえば、D-マンデル酸とL-マンデル酸)を別々に取り出すことをいう。マンデル酸は尿路感染症の抗菌薬剤やフェイスピール(顔の皮膚表面の古い角質の除去剤)などのスキンケア治療に使用されている。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マンデル酸の関連キーワードマンデル酸(データノート)ホマトロピン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンデル酸の関連情報