コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミギエニ Migjeni

3件 の用語解説(ミギエニの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミギエニ【Migjeni】

1911‐38
アルバニアの作家。本名Milosh Gjergj Nikolla。シュコダルの出身で,南マケドニア神学校に学び,ここでロシア文学に目を開かれた。帰国後,山村の小学校教師となり,農村の生活の悲惨さを体験し,それをリアルに描いた記録文学短編小説,詩などを雑誌に発表。それらを一つにまとめた著作集《自由の詩》(1935)は印刷されたが,危険思想のかどで発禁処分となった。重い結核にかかり,療養のためイタリアに赴いたが客死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミギエニ
みぎえに
Migjeni
(1911―1938)

アルバニアの作家。本名Milosh Gjergj Nikolla。13歳で孤児となり、貧窮のうちに神学校を終え、小学校の教師となった。農民たちの悲惨な生活をリアルに描いた『トウモロコシの伝説』や『少年ルリ』などの短編小説、また、封建的抑圧からの解放の悲願を歌った詩集『自由の詩』(1936)などによって、近代文学の確立に寄与した。[直野 敦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀西洋人名事典の解説

ミギエニ
Migjeni


1911 - 1938
アルバニアの作家。
シュコダル出身。
本名Milosh Gjergj Nikolla。
13歳で孤児となり、南マケドニアの神学校に学ぶ。山村の小学校教師となり、農村生活の悲惨さを体験し、それらをリアルに描いた作品を発表。1936年発表の「自由の詩」は封建的抑圧からの解放の悲願を歌った詩集。重い結核にかかり、療養先のイタリアで死亡。他の作品に短編小説「トウモロコシの伝説」「少年ルリ」等がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミギエニの関連キーワードアルバニアアルバニア語トランシルバニアカダレドラキュラスカンデルベグ広場バーンフィ宮殿エチルバニリンアルバノ岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone