コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミギエニ Migjeni

世界大百科事典 第2版の解説

ミギエニ【Migjeni】

1911‐38
アルバニアの作家。本名Milosh Gjergj Nikolla。シュコダルの出身で,南マケドニアの神学校に学び,ここでロシア文学に目を開かれた。帰国後,山村の小学校教師となり,農村の生活の悲惨さを体験し,それをリアルに描いた記録文学,短編小説,詩などを雑誌に発表。それらを一つにまとめた著作集《自由の詩》(1935)は印刷されたが,危険思想のかどで発禁処分となった。重い結核にかかり,療養のためイタリアに赴いたが客死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミギエニ
みぎえに
Migjeni
(1911―1938)

アルバニアの作家。本名Milosh Gjergj Nikolla。13歳で孤児となり、貧窮のうちに神学校を終え、小学校の教師となった。農民たちの悲惨な生活をリアルに描いた『トウモロコシの伝説』や『少年ルリ』などの短編小説、また、封建的抑圧からの解放の悲願を歌った詩集『自由の詩』(1936)などによって、近代文学の確立に寄与した。[直野 敦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

20世紀西洋人名事典の解説

ミギエニ
Migjeni


1911 - 1938
アルバニアの作家。
シュコダル出身。
本名Milosh Gjergj Nikolla。
13歳で孤児となり、南マケドニアの神学校に学ぶ。山村の小学校教師となり、農村生活の悲惨さを体験し、それらをリアルに描いた作品を発表。1936年発表の「自由の詩」は封建的抑圧からの解放の悲願を歌った詩集。重い結核にかかり、療養先のイタリアで死亡。他の作品に短編小説「トウモロコシの伝説」「少年ルリ」等がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

ミギエニの関連キーワードアルバニア文学

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android