コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミネズオウ

百科事典マイペディアの解説

ミネズオウ

ツツジ科の常緑小低木。本州,北海道の高山にはえ北半球の寒帯に分布する。茎は分枝して地面をおおい,10〜15cmの小枝を立てる。葉は密に対生し線形で縁は下面にまく。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミネズオウ【Alpine azalea】

高山の岩地に生えるツツジ科の常緑の矮小(わいしよう)低木(イラスト)。和名は峰蘇芳で,蘇芳はイチイを指し,葉がイチイに似るのでいう。茎は地上をはい,よく分枝して葉をつけた枝が斜上し,高さ10~15cm。葉は革質で対生し,狭長楕円形で先は鈍く,長さ6~10mm,幅2~3mm,縁は裏面にまくれ,裏面には密に毛が生える。7~8月,枝先に2~5個の小さい漏斗形の花を散形につける。花冠は白色で5裂し,赤みを帯び,径4~5mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミネズオウ
みねずおう
[学]Loiseleuria procumbens (L.) Desv.

ツツジ科の常緑小低木。茎は地をはい、よく分枝して斜上し、高さ約10センチメートル。葉は対生して密につき、線状長楕円(ちょうだえん)形で長さ約1センチメートル、質は厚く、縁(へり)は外側に巻き、裏面に細かい白毛を密生する。6~7月、枝先に淡紅色または白色花を2~6個上向きに開く。花冠は広鐘形で長さ5ミリメートル、先端は5裂する。雄しべは5本で葯(やく)は紫色。果実は卵形の小さな(さくか)で直立する。1属1種で、高山帯の風衝草原にマット状に広がって生え、中部地方以北の本州、北海道、および千島、樺太(からふと)(サハリン)、東シベリア、北アメリカ、ヨーロッパなど、北半球の北部に広く分布する。名は、山の峰に生え、葉がイチイの一方言であるスオウ(マメ科のスオウとは別種)に似ることによる。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミネズオウの関連キーワード小林義雄スオウ