コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミネズオウ

3件 の用語解説(ミネズオウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ミネズオウ

ツツジ科の常緑小低木。本州,北海道の高山にはえ北半球の寒帯に分布する。茎は分枝して地面をおおい,10〜15cmの小枝を立てる。葉は密に対生し線形で縁は下面にまく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミネズオウ【Alpine azalea】

高山の岩地に生えるツツジ科の常緑の矮小(わいしよう)低木(イラスト)。和名は峰蘇芳で,蘇芳はイチイを指し,葉がイチイに似るのでいう。茎は地上をはい,よく分枝して葉をつけた枝が斜上し,高さ10~15cm。葉は革質で対生し,狭長楕円形で先は鈍く,長さ6~10mm,幅2~3mm,縁は裏面にまくれ,裏面には密に毛が生える。7~8月,枝先に2~5個の小さい漏斗形の花を散形につける。花冠は白色で5裂し,赤みを帯び,径4~5mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミネズオウ
みねずおう
[学]Loiseleuria procumbens (L.) Desv.

ツツジ科の常緑小低木。茎は地をはい、よく分枝して斜上し、高さ約10センチメートル。葉は対生して密につき、線状長楕円(ちょうだえん)形で長さ約1センチメートル、質は厚く、縁(へり)は外側に巻き、裏面に細かい白毛を密生する。6~7月、枝先に淡紅色または白色花を2~6個上向きに開く。花冠は広鐘形で長さ5ミリメートル、先端は5裂する。雄しべは5本で葯(やく)は紫色。果実は卵形の小さな(さくか)で直立する。1属1種で、高山帯の風衝草原にマット状に広がって生え、中部地方以北の本州、北海道、および千島、樺太(からふと)(サハリン)、東シベリア、北アメリカ、ヨーロッパなど、北半球の北部に広く分布する。名は、山の峰に生え、葉がイチイの一方言であるスオウ(マメ科のスオウとは別種)に似ることによる。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミネズオウの関連キーワード岩梨黄花石南花地百足栂桜蔓苔桃箱根米躑躅日陰躑躅岩髭米躑躅白玉の木

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone