ミミナグサ

百科事典マイペディアの解説

ミミナグサ

ナデシコ科の二年草。日本全土,東アジアの平地にはえる。田畑や道端にふつうに見られる。は分枝して,高さ20cm内外,卵形の葉を対生する。5〜6月に茎の先が分枝し,白色で径5〜6mmの5弁花を開く。花弁は先が浅く2裂。果実は円筒形となる。近縁オランダミミナグサはヨーロッパ原産の帰化植物で,全体に汚黄色の毛が多い。市街地ではこちらの方がよく見られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミナグサ
みみなぐさ / 耳菜草
[学]Cerastium fontanum Baumg. subsp. triviale (Link) Jalas var. angustifolia (Fr.) Hara

ナデシコ科の越年草。茎は株立ちとなり、高さ10~30センチメートル、上部は赤紫色を帯びることが多い。葉は楕円(だえん)形、毛が多い。春、茎頂に小花をまばらに開く。花弁は白色、浅く2裂する。(さくか)は萼片(がくへん)よりも長く突き出、先は10裂するが、これはミミナグサ属の特徴である。日本、および朝鮮半島、中国からインドに分布する。名は、葉をネズミの耳に見立てたものという。変種オオミミナグサは北半球の温帯に広く分布し、日本でも北日本を中心に帰化している。花がすこし大きく、包葉の周囲が膜質になることで区別する。
 道端や田畑に普通に生える雑草として知られるが、近年は全体がよく似ていて、同じく帰化植物であるオランダミミナグサのほうがよくみられる。[三木栄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android