コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミナグサ

百科事典マイペディアの解説

ミミナグサ

ナデシコ科の二年草。日本全土,東アジア平地にはえる。田畑道端にふつうに見られる。は分枝して,高さ20cm内外,卵形の葉を対生する。5〜6月に茎の先が分枝し,白色で径5〜6mmの5弁花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミナグサ
みみなぐさ / 耳菜草
[学]Cerastium fontanum Baumg. subsp. triviale (Link) Jalas var. angustifolia (Fr.) Hara

ナデシコ科の越年草。茎は株立ちとなり、高さ10~30センチメートル、上部は赤紫色を帯びることが多い。葉は楕円(だえん)形、毛が多い。春、茎頂に小花をまばらに開く。花弁は白色、浅く2裂する。(さくか)は萼片(がくへん)よりも長く突き出、先は10裂するが、これはミミナグサ属の特徴である。日本、および朝鮮半島、中国からインドに分布する。名は、葉をネズミの耳に見立てたものという。変種オオミミナグサは北半球の温帯に広く分布し、日本でも北日本を中心に帰化している。花がすこし大きく、包葉の周囲が膜質になることで区別する。
 道端や田畑に普通に生える雑草として知られるが、近年は全体がよく似ていて、同じく帰化植物であるオランダミミナグサのほうがよくみられる。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ミミナグサの関連キーワードミミナグサ(耳菜草)ケラスチウムナデシコ科越年生植物帰化植物耳菜雑草鼠耳仏耳猫耳