コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤコグサ

百科事典マイペディアの解説

ミヤコグサ

日本全土,東アジアの日当りのよい草地にはえるマメ科多年草。茎は細く地をはい,長さ30〜50cm。葉はまばらに互生し,長さ1cm内外の倒卵形小葉3枚からなり,葉柄基部には小葉に似た1対の托葉がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミヤコグサ
みやこぐさ / 都草
[学]Lotus corniculatus L. var. japonicus Regel

マメ科の多年草。茎は叢生(そうせい)して地に倒伏するか斜めに立ち上がり、長さ5~40センチメートル。葉は狭倒卵形の5小葉からなり、葉軸の先端に3枚が掌状に、基部に2枚が托葉(たくよう)状につく。4~10月、葉腋(ようえき)に柄を出し、先端に1~4個の蝶形花(ちょうけいか)を散形につける。花は長さ約1.5センチメートルで、美しい鮮黄色を呈する。豆果(とうか)は細い円筒形で長さ約3センチメートル、熟すと2片に裂開し、10個ほどの小さな種子を飛ばす。北海道から沖縄にかけての海岸や道端に生え、朝鮮半島、中国、東部ヒマラヤに分布する。名は、昔この草が京都大仏の前の耳塚あたりに多かったことによるといわれる。また花の形が烏帽子(えぼし)に似ているので、エボシグサともよばれる。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミヤコグサの関連キーワード根腐病(トレフォイル)ミヤコグサ(都草)ミツバノコマツナギシルビアシジミ烏帽子草烏帽子花有毒植物黄金目貫黄蓮華淀殿草狐豌豆黄金草黄金花傾性都花

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android