コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュラ Murat, Joachim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュラ
Murat, Joachim

[生]1767.3.25. ロット,ラバスティッド
[没]1815.10.13. カラブリア,ピッツォ
フランスの軍人。ナポレオン1世の義弟。 1795年バンデミエール 13日の王党派の襲撃にあたってナポレオンを助け,次いでイタリア戦争,エジプト遠征で名をあげた。帰国後,ブリュメール十八日のクーデターで再びナポレオンを助け,1800年ナポレオンの妹カロリーヌと結婚。同年マレンゴの戦いで軍功をあげ,04年ナポレオンが皇帝となったとき元帥となった。 08~15年ジョアシェン・ナポレオンと称しナポリ王位についた。 08年スペイン,12年ロシア遠征に参加。ライプチヒの戦いの敗北後,自分の王位を守るためにオーストリアと同盟を結び,ナポレオンを見放した。ナポレオンの失脚後,列強に無視されたため,15年ナポレオンがエルバ島を脱出するや,「百日天下」では彼を支持し,トレンティノでオーストリア軍に敗れ,ナポリを捨ててフランスに逃れた。ワーテルローの戦い後コルシカに逃れ,そこからイタリア南西部に上陸を試みて失敗し,カラブリアのピッツォで捕えられ,銃殺刑に処せられた。

ミュラ
Myra

リュキアの古代都市。アンドリアクス河口に位置し,重要な海港。現トルコのデムレ。パウロはここから海路ローマへ向った。アクロポリスの西麓には前5~3世紀の多数の磨崖の墳墓があり,ギリシア様式と土着様式の折衷を示す。またリュキア語の碑文も出土している。ローマ帝国時代に栄え,テオドシウス2世により,リュキアの首都とされたが,808年カリフのハールーン・アッラシードに攻略された。ローマ帝政期の劇場遺跡は小アジア最大のものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミュラ【Joachim Murat】

1767‐1815
フランスの軍人,ナポリ国王。ナポレオンのイタリア遠征で将校として活躍,1800年ナポレオンの妹カロリーヌと結婚する。ジョゼフ・ボナパルトの後を継いで08年ナポリ国王となり,反封建的諸改革を進め,ブルジョア出身の官吏と軍人の登用による新指導層の形成に努めた。ナポレオンの大陸支配の崩壊の際,イギリスおよびオーストリアとひそかに交渉,ナポリ王国の保持を画策したが不調に終わり,その後武力抵抗に失敗して捕らえられ処刑された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ミュラの関連キーワード仮面ライダードライブ/タイプフォーミュラガイガーミュラーカウンターアンチミュラー管ホルモンニコラウス[ミュラの]カウンターテレスコープ抗ミュラー管ホルモンアンドレ ロッテラーロイック デュヴァルミュラー管抑制因子ガイガーカウンターミュラー管抑制物質フォーミュラカーサーベイメーターミハエル クルムサンタ・クロースバリ(イタリア)サンタ・クロースペドロ デラロサ埼玉県飯能市赤沢サンタクロース

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミュラの関連情報