コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュラ ミュラ Murat, Joachim

4件 の用語解説(ミュラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュラ
ミュラ
Murat, Joachim

[生]1767.3.25. ロット,ラバスティッド
[没]1815.10.13. カラブリア,ピッツォ
フランスの軍人。ナポレオン1世の義弟。 1795年バンデミエール 13日の王党派の襲撃にあたってナポレオンを助け,次いでイタリア戦争エジプト遠征で名をあげた。帰国後,ブリュメール十八日クーデターで再びナポレオンを助け,1800年ナポレオンの妹カロリーヌと結婚。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラ
ミュラ
Myra

リュキア古代都市。アンドリアクス河口に位置し,重要な海港。現トルコのデムレ。パウロはここから海路ローマへ向った。アクロポリスの西麓には前5~3世紀の多数の磨崖の墳墓があり,ギリシア様式と土着様式の折衷を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミュラ(Myra)

ミラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミュラ【Joachim Murat】

1767‐1815
フランスの軍人,ナポリ国王。ナポレオンのイタリア遠征で将校として活躍,1800年ナポレオンの妹カロリーヌと結婚する。ジョゼフ・ボナパルトの後を継いで08年ナポリ国王となり,反封建的諸改革を進め,ブルジョア出身の官吏と軍人の登用による新指導層の形成に努めた。ナポレオンの大陸支配の崩壊の際,イギリスおよびオーストリアとひそかに交渉,ナポリ王国の保持を画策したが不調に終わり,その後武力抵抗に失敗して捕らえられ処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミュラの関連キーワードナポレオン岩ナポレオン法典奈翁ルイナポレオンナポレオンフィッシュナポレオン狂島のナポレオンナポレオンの密書ルイ・ナポレオンナポレオン金貨

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミュラの関連情報