コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミルトン ミルトン Milton, John

8件 の用語解説(ミルトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミルトン
ミルトン
Milton, John

[生]1608.12.9. ロンドン
[没]1674.11.8. バッキンガムシャー
イギリスの詩人。ケンブリッジ大学に学ぶ。年少にして詩人を志し,『キリスト降誕の朝にあたりて』 On the Morning of Christ's Nativity (1629) ,『快活な人』L'Allegro (31) ,『沈思の人』 Il Penseroso (31) ,仮面劇『コーマス』 Comus (34) ,『リシダス』 Lycidas (37) などの名作を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミルトン
ミルトン
Milton

アメリカ合衆国,マサチューセッツ州東部にある住宅都市ボストンの南に位置する。古くから水力を利用した製粉業が興ったが,その後ボストン郊外の住宅地に変貌した。 1807年創立のミルトンアカデミーなどの教育施設がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミルトン(John Milton)

[1608~1674]英国の詩人。ピューリタン革命に参加、言論の自由を主張し、共和政府に関与。王政復古後は、失明と孤独のうちに詩作に没頭した。叙事詩失楽園」「復楽園」、劇詩「闘士サムソン」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミルトン

英国の詩人。キリスト教的熱誠に貫かれた格調の高い詩風をもって知られる。ケンブリッジ大学卒業後も職につかず古典研究にいそしむ。初期の作品には抒情詩《快活な人》と《沈思の人》,仮面劇《コーマス》,弔詩《リシダス》など,ルネサンス的な美しさを豊かにもった秀作がある。
→関連項目長沢別天

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ミルトン

デサントが販売するサッカースパイクトレーニングシューズ。イギリスのスポーツ用品ブランド「UMBRO(アンブロ)」の製品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミルトン【John Milton】

1608‐74
イギリスの詩人。英詩史上ほとんどつねにシェークスピアに次ぐ地位を与えられてきたが,後者が主として劇詩を創作したのに対し,ミルトンは叙事詩の分野で巨大な足跡を残した。 父は教養あるロンドン商人で,公証人でもあった。息子に最高の教育を与えるに十分な資力と理解を有していたようである。ミルトンはケンブリッジ大学に進み,そこでルネサンス以来のヨーロッパ人文主義の伝統に深く沈潜すると同時に,自己の出身階級であるロンドンの新興市民階級の思想・信仰の基盤を受け継ぎ,高まりつつあった清教主義(ピューリタニズム)の波に身を預けていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミルトン【John Milton】

1608~1674) イギリスの詩人。ピューリタン革命を支持する著作を著し、内面的自由の主張と共和制擁護の論陣を張る。晩年、失明の逆境の中で宗教的主題による深遠な叙事詩を口述した。叙事詩「失楽園」「復楽園」、悲劇「闘士サムソン」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミルトン
みるとん
John Milton
(1608―1674)

イギリスの詩人、思想家。シェークスピアとともにイギリス文学を代表する二大詩人の一人であるのみならず、清教徒ピューリタン)革命の渦中に巻き込まれ、革命を支持し、多くの評論を書いた。12月9日、ロンドンの富裕な清教徒的色彩の強い家庭に生まれ、将来聖職者になる意志をもち、猛烈に勉強した。しかし、聖職者になることがイギリス国教会の牧師になることを意味するとすれば、当時の国王チャールズ1世の宗教政策に反感をもつ彼としては、その意志を当然捨てなければならなかった。彼は、宗教詩人になる意志を固め、ケンブリッジ大学を出てから、神学とともに古典文学の研究に没頭した。在学中および卒業後に、『快活な人』L'Allegro、『沈思の人』Il Penserose(ともに1631年?)、『コーマス』Comus(1634年上演)、『リシダス』Lycidas(1637)などの作品を書いている。このうち『コーマス』だけは仮面劇であるが、ここには明瞭(めいりょう)に彼の清教徒的精神が現れている。[平井正穂]

自由の理念追求を課題に

1638年、大陸旅行に出発。この旅行中、彼はグロティウスやガリレイに会っている。しかし、祖国における社会不安の報に接し、翌1639年には帰国した。以来、約20年間、彼の執筆活動は主として評論に向けられた。これらの著作は、公私の両面にわたるさまざまな事件を契機として執筆されたが、基本的な課題は、一貫してプロテスタント的信仰を基盤にした内なる自由の理念の追求であった。イギリス国教会が真実な内的な自由を保っていないことを『イギリスにおける教会規律の改革について』Of Reformation Touching Church-Discipline in England(1641)などにおいて論じ、自分の結婚問題を契機に、『離婚の教理と規律』Doctrine and Discipline of Divorce(1643)などにおいて離婚論を主張し、また『アレオパジティカ』Areopagitica(1644)などにおいて言論の自由を説いた。他方、1642年以来、革命は戦乱の激しい様相を示し始め、1649年、チャールズ1世は死刑に処せられ、イギリスは共和制となった。ミルトンは護民官クロムウェルのラテン語秘書となり、国王死刑に対するヨーロッパ各国の非難に対し、『英国民のために弁ずるの書』(1651)、『ふたたび英国民のために弁ずるの書』(1654)などをラテン語で書いて、国王死刑の正当性を主張した。1652年には過労のため失明するに至った。
 彼は、清教徒革命の完遂によって、イギリスが「新しきエルサレム」に再生することを願っていた。だが、歴史的現実は、彼の祈りとは逆の方向に発展し、1660年には国民の歓呼の声に迎えられてチャールズ2世が帰国し、「王政回復」が成立した。ミルトンは一時投獄されたが処刑は免れ、失明と失意のなかにあって、人間と神とについての思索にふけった。それが、彼の大作『失楽園』(1667)となって結実したのである。人間にとって神の意志、神の摂理とは何を意味するのか、という問題の意識は、彼の詩的想像力を駆り立て、さらに『復楽園』(1671)、『闘士サムソン』(1671)の制作へと進ましめた。晩年は比較的平和な生活を享受していたようである。1674年11月8日ロンドンに没した。
 1920年代以降になって、彼の文学と思想について激しい論争が行われてきたが、今日では彼の声価は依然不朽のものであるとする意見が圧倒的である。[平井正穂]
『才野重雄訳『仮面劇コーマス』(1958・南雲堂) ▽宮西光雄著訳『ミルトン英詩全訳集』(1983・金星社) ▽平井正穂著『ミルトン』(『新英米文学評伝叢書13』1958・研究社出版) ▽森谷峰雄著『ミルトンの芸術の理論的研究』上中下(1977~2012・風間書房) ▽新井明著『ミルトンの世界』(1980・研究社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミルトンの言及

【アレオパジティカ】より

…イギリスの詩人ミルトンが1644年末(11月23日と推定)に出したパンフレット。近代開幕期における言論自由論の古典とされる。…

【イギリス文学】より

…〈ブランク・バース〉と呼ばれるものである。これは長く語り続ける英詩にとくに適した詩型であり,シェークスピアおよび同時代作家の劇作品だけでなく,次の時代のミルトンの叙事詩などでも,荘重な声域で活用された。
[相克]
 スペンサーの明るく華やかな声にも,ときに暗い響きは混じった。…

【失楽園】より

…イギリスの詩人ミルトンの長編叙事詩。国民詩人としての使命を自覚していた彼は,若くから国民的テーマによる悲劇または叙事詩の創作を目ざしていた。…

【ジャーナリズム】より

…それぞれの立場の者はその主張を簡単な印刷物にして公開の場で論敵を倒し支持者をひろげようとしたのである。ジョン・ミルトンの《アレオパジティカ》(言論の自由論)も,こうした小冊子の一つであり,彼ら〈パンフレット書きpamphleteers〉のなかから18世紀にかけての有力な雑誌・新聞の主筆たちがそだっていった。ダニエル・デフォーやジョナサン・スウィフトも,そもそもは筆力さかんな時論家で,より多く,かつ深く人を動かそうと作家活動に仕事をひろげたものである。…

【新聞】より

…しかし,やがて商人層を中心とする新しい市民階級が台頭して政治的・経済的な自由を要求しはじめ,これに信仰の自由を求める宗教改革の動きが加わり,この近代市民革命のなかで言論の自由,出版の自由を求める声が強まった。ミルトンJohn Miltonの《アレオパジティカAreopagitica》(1644)は言論の自由を提唱した先駆的著作とされる。したがってこの時代の新聞は,政治的論議を伝える〈意見新聞opinion paper〉であり,商業的な収支は二義的な問題であった。…

【人形劇】より

…神と悪魔の間に立たされて苦しむファウスト博士の姿が目にやきついたのである。またJ.ミルトンは《失楽園》で,少年のころに人形劇で《アダムとイブ》を見た印象が強烈で,永く彼の心中に映像を残したことをうたっている。G.サンドは自分の人形劇場をもっていて120本に及ぶ脚本を書いた。…

【ピューリタン】より

…王政復古後は,ピューリタンは急速に解体してしまい,国教会に吸収された者が多かったが,今日のイギリスの非国教徒教会のうち,長老派,独立派(会衆派),バプティスト,クエーカーなどはいずれもピューリタンの流れをくむものである。 ピューリタンの思想家としては,エリザベス時代のカートライトThomas CartwrightやトラバースWalter Travers,ジェームズ時代のパーキンズWilliam ParkinsやエームズWilliam Ames,共和政時代のR.バクスターやオーエンJohn Owen,とりわけ詩人にして思想家J.ミルトンがあげられる。J.バニヤンは王政復古後のピューリタンの生き方を代表する。…

【マーベル】より

…20世紀になってT.S.エリオットらの絶賛を集めたゆえんであろう。しかしマーベルはやがてクロムウェル陣営に身を投じ,そのラテン語の学識で,政府のラテン語秘書官であった盲目のミルトンを助けた。王政復古(1660)後,ミルトンを迫害から救うのに力があったとも伝えられる。…

※「ミルトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミルトンの関連キーワードイギリス東インド会社イギリス文学サスーンドレートンイギリスオランダ戦争英詩イギリス巻イギリスの名車Miniバースデーの日フレノイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミルトンの関連情報