コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムナグロ ムナグロPluvialis fulva; Pacific golden plover

3件 の用語解説(ムナグロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムナグロ
ムナグロ
Pluvialis fulva; Pacific golden plover

チドリ目チドリ科。全長 23~26cm。夏羽(→羽衣)は非常に美しく,顔,喉,胸,腹は黒く,額から眉,さらに胸の脇は帯状に白い。この帯は腹では黒斑が入り,はっきりしない。頭上から背は白,黒,黄白色の細かい斑模様になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ムナグロ

チドリ科の鳥。翼長16.5cm。冬羽は背面黒色の地に黄色の小斑が並び,腹面は淡色。夏羽は顔と腹面黒色。シベリア北東部および北米極北部で繁殖し,冬はインド東南アジアニューギニアオーストラリア等に渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムナグロ
むなぐろ / 胸黒
American golden plover
[学]Pluvialis dominica

鳥綱チドリ目チドリ科の鳥。シベリア北部、北アメリカ北部の極地のツンドラで繁殖し、冬には南アメリカ太平洋各地の島々、ニュージーランド、東南アジアの沿岸などへ渡る。日本では全国から記録があり、おもに春・秋の渡りの季節に通過する旅鳥であるが、小笠原(おがさわら)諸島や沖縄諸島では越冬するものもいる。全長24センチメートルに達する。冬羽では上面は黄褐色と黒褐色の細かいまだら模様で、下面は淡色。夏羽では上面は黒褐色で、黄褐色の小斑(しょうはん)が散在する。下面は顔の下半分から腹までが黒色になる。ムナグロの名はこれに由来し、英名のgolden ploverは上面の黄褐色に由来する。草原、耕地の刈り跡、荒れ地などを好み、海岸にもいるが、干潟にはまれである。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムナグロの関連情報