コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムンク ムンク Munch, Edvard

11件 の用語解説(ムンクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムンク
ムンク
Munch, Edvard

[生]1863.12.12. ロイテン近郊エンゲルハウゲン
[没]1944.1.23. オスロ近郊
ノルウェーの画家,版画家。 1881~84年オスロの美術学校に学び,1908年までフランスイタリアドイツを旅行。パリではゴッホゴーガンに関心をもった。その間,1892年にはベルリン美術家協会展に出品したが,その特異な画風が物議をかもして展示が中止され,このことはベルリン分離派結成の一因となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ムンク
ムンク
Munch, Peter Andreas

[生]1810.12.15. クリスチャニア(現オスロ)
[没]1863.5.25. ローマ
ノルウェーの言語学者,歴史家。古代北欧語を研究,アイスランド文学を古北欧語そのものと主張。ローマで研究生活をおくった。主著『ノルウェー国民史』 Det norske Folks Historie (8巻,1852~63) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ムンク
ムンク
Munch, Peter Rochegune

[生]1870.7.25. レッドステッド
[没]1948.1.12. コペンハーゲン
デンマークの歴史家,政治家。近代ヨーロッパ史学者として活躍後,1909年急進自由党から国会へ進出,同年 C.サーレ内閣の内相。 13~20年国防相。 29~40年社会民主党と急進自由党の連立内閣で外相。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ムンク
ムンク
Munk, Kaj

[生]1898.1.13. マリボ
[没]1944.1.4. シルケボア
デンマークの劇作家。5歳で孤児となり,牧師の援助で大学を終えて聖職につく。強烈な性格で英雄に憧れ,卑俗なデモクラシーに不満を表わして一時はファシズムに近づいた。出世作はユダヤのヘロデ大王を扱った『一理想家』 En Idealist (1928) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ムンク
ムンク
Munk, Walter

[生]1917.10.19. ウィーン
オーストリア生まれのアメリカ合衆国の海洋学者。フルネーム Walter Heinrich Munk。海流と波動伝播に関する先駆的な研究で,現代海洋学の礎を築いた。ウィーンの裕福な家庭に生まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ムンク(Edvard Munch)

[1863~1944]ノルウェーの画家。愛と死・孤独・不安などのテーマを象徴的に描き、表現主義の先駆者の一人とされる。版画も制作。作「叫び」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ムンク

現代ノルウェーの代表的画家。オスロの美術学校をへて,1889年―1890年パリに滞在。1892年ベルリンで〈生のフリーズ〉と総称される55点の作品を発表。《叫び》マドンナ《嫉妬》等,存在の不安や恐怖を強烈な色彩と流動する曲線によって描いてスキャンダルとなる。
→関連項目ディリアス

ムンク

デンマークの劇作家。マリボに生まれたが5歳で孤児となり,養父母や牧師の援助を得てコペンハーゲン大学で神学を学んだ。英雄的性格にあこがれ,卑俗な民主主義を嫌った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ムンク【Edvard Munch】

1863‐1944
ノルウェーの画家。貧しい医者の子としてロイテンに生まれる。幼くして母と姉を結核で失い,彼自身も13歳で喀血。病気と死への不安が,彼の性格と作品を支配することになる。1864年から一家が移住したクリスティアニア(現,オスロ)で,美術工芸学校に入るが(1881‐84),これにあきたらずクリスティアニア・ボヘミアン呼ばれるアナーキーな新世代の画家グループに属した。しかし1889‐90年のパリ体験を転機に,写実や印象主義的な芸術を超え,自己の内面の孤独と不安,肉親の死の記憶を表現する絵画を目ざす。

ムンク【Kaj Munk】

1898‐1944
デンマークの劇作家。〈殉教者〉としての使命感に生きた牧師。《理想主義者》(1928),のちに映画化された現代の奇跡を描いた《言葉》(1932)など古典的な戯曲を書く。はじめ英雄や独裁者に魅力を感じたが,ドイツ軍占領下の1940年代には教会での説教や作品を通じてみずからレジスタントの代弁者となったため,ナチスはその国民への影響を恐れて彼を射殺した。抒情詩集,説教集,随筆があり,回想録《春は静かにやってくる》(1942)を残す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ムンク【Edvard Munch】

1863~1944) ノルウェーの画家。人間の内面的な情感、生・死・愛・恐怖・孤独などの題材を好んで描き、銅版・石版・木版画にも特異な才能をみせた。表現派先駆者の一人。代表作「叫び」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のムンクの言及

【精神分裂病】より

…現存在分析を創始したスイスの精神医学者ビンスワンガーの主著で,1957年に単行本の形で刊行された。5例の精神分裂病のくわしい症例研究からなるが,30年代に著者が独自の人間学的方法を確立したのち,数十年にわたる臨床活動の総決算として44年から53年にかけて集成したもの。ここでは,分裂病は人間存在に異質な病態としてではなく,人間から人間へ,現存在から現存在への自由な交わりをとおして現れる特有な世界内のあり方として記述される。…

【ノルウェー】より

…国民的ロマン主義は各分野にすぐれた芸術家を育成する。美術では,ダールの後,デュッセルドルフ・アカデミーに学んだ画家たち,たとえば《ハルダンゲルの婚礼》を合作したティデマンAdolph Tidemand(1814‐76)とギューデHans Gude(1825‐1903),音楽では民謡演奏を土台にした名バイオリニストのブルOle Bullや作曲家のヒェルルフHalfdan Kjerulf,文学では親デンマーク派のウェルハーベンと激しく対立した熱血詩人ウェルゲラン,膨大な《ノルウェー国民の歴史》8巻を書いた歴史家ムンクPeter Andreas Munch(1810‐63)らが現在まで続くこの国のロマン的性格の基を築いた。第2次大戦中の反ナチス抵抗運動,1970年代のEC(ヨーロッパ共同体)参加拒否の姿勢を支えるものでもある。…

【表現主義】より

…歴史的にはマティスのフォービスムについて初めて用いられたがフランスでは定着せず,1911年ころからベルリンで前衛的な美術を中心に音楽,文学,演劇,映画,建築に及ぶ革新的芸術の合言葉として広まった。したがって,現象としてはムンク,アンソールからルオー,エコール・ド・パリのシャガール,スーティンらに至る個々の画家やマティスらのフォービスト,ピカソらの前期キュビストなどをヨーロッパの表現主義として取り上げることもできるが,狭義には主として1905年ごろからドイツ革命期に至る時期に展開されたドイツの芸術をいう。ドイツではフォービスムやキュビスムの絵画構成上のゆがみが情念的な表現上のゆがみととらえられ,原始的土着的な要素やバロックにつながる精神性が強調された。…

※「ムンク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムンクの関連キーワードノルウェーノルウェージャンフォレストキャットノルゲニュートロジーナ ノルウェーフォーミュラノルウェー室内管弦楽団ノルウェー放送管弦楽団ノルウェジアン・ブーフントブラック・ノルウェジアン・エルクハウンドホーコン[7世]ボーイエル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムンクの関連情報