コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーニエ Meunier, Constantin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーニエ
Meunier, Constantin

[生]1831.4.12. エテルベーク
[没]1905.4.4. イクセル
ベルギーの彫刻家画家。フルネーム Constantin Emile Meunier。ブリュッセルの美術学校で学び,シャルル・ド・グルーに師事。初め『農民戦争』(1875,ベルギー王立美術館)のような歴史画や宗教画を描いたが,1880年以降,多く炭鉱労働者の生活を題材とした。1882年スペインに行き,『セビリアのよき金曜日の行列』(1882~83,ムーニエ美術館)その他を制作。帰国後主として彫刻に専念し,『錬鉄工』(1885,ベルギー王立美術館)などの労働者への共感をこめた写実的作品を制作。1896年政府から記念碑制作の委嘱を受け,『労働記念碑』を制作中死亡。没後彼の家にムーニエ美術館が創設された。

ムーニエ
Mounier, Emmanuel

[生]1905.4.1. グルノーブル
[没]1950.3.22. シャトネイマラブリ
フランスの哲学者。 1924年グルノーブルでジャック・シュバリエに師事,27年パリに出,C.ペギー研究会をつくり,それを発展させて 32年に雑誌『エスプリ』 Espritを創刊。 33~39年ブリュッセルの高等学校で教鞭をとり,39~40年従軍。 41年,雑誌は発禁となり,42年には反政府運動のかどで投獄された。 44年 12月に復刊,45年にはパリ郊外に共同体施設「シャトネイの家」を建てた。キリスト教に深く根ざしたその人格主義は実存主義に近似しているが,個人主義を全体主義と等しく退ける。また,現代社会における教会の意味,役割を考察し,若いカトリック信者に影響を与えた。主著『人格主義のための宣言』 Manifeste au service du personnalisme (1936) ,『性格論』 Traité du caractère (48) ,『人格主義』 Le Personnalisme (49) 。

ムーニエ
Mounier, Jean-Joseph

[生]1758.11.12. グルノーブル
[没]1806.1.26. パリ
フランスの政治家。グルノーブルで国王裁判官をつとめ,1788年ドーフィネの地方三部会を招集し,89年6月 20日第三身分代表として「テニスコートの誓い」を発議,指導。立憲派として,国民議会議長をつとめたが,同年 10月5,6日の民衆のベルサイユへの行進に反対し,90年亡命。ブリュメール十八日のクーデター後帰国し,1805年コンセイユ・デタの成員となった。主著『フランス人が自由になるのを妨げた原因についての研究』 Recherches sur les causes qui ont empeché les français de devenir libres (2巻,1792) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ムーニエ(Emmanuel Mounier)

[1905~1950]フランスのカトリック哲学者。「エスプリ」誌を創刊。キリスト教的実存主義・人格主義の立場から社会正義を主張。著「人格主義宣言」「人格主義とは何か」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ムーニエ

ベルギーの画家,彫刻家。ブリュッセル生れ。一時彫刻から絵画に転じ,修道院生活の経験を基に修道院を主題とする作品を描いていたが,ベルギー滞在中のロダンと会い,その作品に感動して再び彫刻に戻った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムーニエ【Constantin Meunier】

1831‐1905
ベルギーの画家,彫刻家。ブリュッセルに生まれ,同地の美術学校に学ぶ。1860年ごろより主として宗教的題材を写実主義的に,のちには印象派風の明るい色調を取り入れて描く。82‐83年のスペイン旅行後は彫刻に転じ,炭鉱や工場に取材して肉体労働者の姿を力強く直截に表現した。これらの人物像はのちの社会主義リアリズムのような労働の理想化におちいることなく,そこには近代彫刻の彫塑的表現性がうかがえる。87‐95年ルーバンの美術学校教授。

ムーニエ【Emmanuel Mounier】

1905‐50
フランスの哲学者,人格主義の創唱者。ベルグソンペギーの影響のもとに1932年10月,機関誌《エスプリ》を創刊,以来人格主義哲学を現代フランスの社会,政治,文化的諸問題に適用する。第2次世界大戦中,反ナチ・レジスタンス運動に加わり,41年捕らえられたが,ハンストを行って釈放された。戦後再び《エスプリ》の編集者となる。《人格主義宣言》(1936),《人格主義》(1949)などに見られる彼の人格主義は精神的存在としての人格を中心にし,責任と内面的発達による創造的な人格の完成をめざした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムーニエの言及

【ベルギー】より

…さらに後者は1901‐14年にドイツで活動して機能主義の美学を標榜するバウハウス運動を準備し,帰国後は装飾を排した近代建築の推進者となった。19世紀の彫刻は新古典主義に支配され,労働者や農民を写実的かつモニュメンタルに表現したムーニエと象徴派のミンネGeorge Minne(1866‐1941)の作品以外は新味に乏しい。後者は後述する第1次〈ラーテム派〉の一員でもある。…

※「ムーニエ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムーニエの関連キーワードムーニエ(Constantin Meunier)ムーニエ(Emmanuel Mounier)ドニー・ド ルージュモンコンスタンタン ムーニエM. ベークブデルアンガージュマンエスプリ(雑誌)フランドル美術ルージュモンダムニェン4月12日4月1日

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android