コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムームー muumuu

翻訳|muumuu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムームー
muumuu

ハワイの女性用の民族服。鮮かなプリント綿布製の,ウエストを締めず,肩から裾までゆったりと広がるシルエットワンピース。 19世紀前半,当時上半身裸体であった先住民にアメリカ人宣教師が広め,以後日常着から社交着まで幅広く着られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ムームー(〈ハワイ〉muumuu)

ハワイの女性が着る、はでな柄の、ゆったりした木綿ワンピース。日本では昭和36年(1961)ごろに夏の家庭着として登場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ムームー

ハワイの女性の着るワンピース状の衣服。ウエストにくびれがなく,胸幅や身ごろがゆったりとしており,丈は床までのものが多い。原色の派手なプリント木綿地で作られる。アロハシャツとならんでハワイを代表する衣装。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムームー【muumuu】

ハワイ諸島の女性が着用する,ウエストのゆったりした華やかなプリント模様のワンピース。ムームーは現地語で〈たち切る〉の意で,その形状からきたものとされる。アメリカ本土で用いられていたガウン風のワンピースが,ハワイにもたらされ,ムームーと呼ばれるようになった。涼しく開放的な衣服で,アロハシャツとならんでハワイの代表的な衣装となった。袖やスカートの形などに流行がみられる。日本でも1960年代初め,夏の家庭着やレジャー着としてとり入れられ,サックドレス風のくつろいだ着心地のよさが好まれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ムームー【muumuu】

ハワイの女性が着る、ゆったりした派手な柄の木綿のワン-ピース。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムームー
むーむー
muumuuハワイ語

本来、明るい色柄の木綿のプリント地を用いた、ウエスト・ラインを締めない丈長のドレス。宣教師がハワイの土着民の婦人に与えた服に由来するが、その原型は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ本土で着用されたマザー・ハバードという、胸にヨークのあるガウン風のドレスだった。このヨークが省かれた(ハワイ語でムームー)ところから、この名でよばれるようになった。ハワイの婦人に家庭着やカジュアル・ウエアとして着用されていたが、しだいにデザインが多様化し、ウエスト・ラインで切り替えを入れて締めたドレッシーなものは、セミ・フォーマルウエアとして着用されている。日本では1960年(昭和35)代初期より普及し、夏の家庭着やリゾート・ウエアとして着用されている。[田村芳子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のムームーの言及

【ハワイ[州]】より

…別名〈アロハ・ステートAloha State〉と称され,歓迎・別離のあいさつや愛情の表現にも用いられるハワイ語の〈アロハ〉ということばが,住民の気風を象徴している。1778年にキャプテン・クックが目撃したサーフィン,渡来した宣教師が女性の腰みのを改めさせるために考案したムームー,サトウキビのプランテーションで働いたポルトガルの労働者が持ちこんだ民俗楽器マシェーテ(ギターの類)が原形となったウクレレを用いるハワイアン音楽(ちなみに,《アロハ・オエ》(〈あなたに愛を〉〈さようなら〉の意)はハワイ王国最後の女王リリウオカラニ女王自身の作詞になる)や明るい原色のアロハ・シャツなど,ハワイが生みだしたものの多くが,〈人種のるつぼ〉と呼ばれるハワイ文化の性格を物語っている。 現在,ハワイ経済の主柱は観光である。…

※「ムームー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムームーの関連キーワードI'm Scarletどこへも行かないよアロハフライデー.tokyoホノルル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムームーの関連情報