コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイエルホリド メイエルホリド Meierkhol'd, Vsevolod Emil'evich

6件 の用語解説(メイエルホリドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイエルホリド
メイエルホリド
Meierkhol'd, Vsevolod Emil'evich

[生]1874.2.9. ペンザ
[没]1940.2.2. モスクワ
ソ連の俳優,演出家。俳優としてモスクワ芸術座の創立に参加したが,スタニスラフスキー写実主義にあきたらず退座 (1902) 。女優 V.コミサルジェフスカヤらと組んで演劇の様式性と多様性の舞台的表現に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メイエルホリド(Vsevolod Emil'evich Meyerkhol'd)

[1874~1940]ソ連の演出家。初め俳優としてモスクワ芸術座に参加。十月革命後、メイエルホリド劇場を創立し、ビオメハニカの提唱、大胆な前衛的演出で反響を呼んだ。スターリン時代に弾圧を受け、銃殺された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メイエルホリド

ロシアの演出家。1898年モスクワ芸術座の創設に俳優として参加したが,不満を感じて退座。各地で実験演劇を試みて演出家として注目された。十月革命勃発(ぼっぱつ)後〈演劇の十月〉のスローガンを唱えて革命演劇の先頭に立ち,マヤコーフスキーから古典にまで及ぶ斬新な民衆劇を目指した。
→関連項目ショスタコービチスタニスラフスキーポクロフスキーリュビーモフルリエ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メイエルホリド【Vsevolod Emil’evich Meierkhol’d】

1874‐1940
ソ連邦の俳優,演出家。1896年モスクワ・フィルハーモニー演劇学校に入学。V.I.ネミロビチ・ダンチェンコの指導を受ける。98年モスクワ芸術座に入り,スタニスラフスキー愛弟子となる。1902年退団,地方で劇団を結成し演出も始める。シンボリズム演劇の試みを認められ,06年ペテルブルグコミサルジェフスカヤ劇団に招かれる。08年同市の帝室劇場演出家となる。音楽,美術を重視したモリエールの《ドン・ジュアン》(1910),レールモントフの《仮面舞踏会》(1917)などを上演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メイエルホリド【Vsevolod Emil'evich Meierkhol'd】

1874~1940) ソ連の演出家。モスクワ芸術座創立に俳優として参加するが、その写実的傾向を嫌って退団。革新的演劇を目ざして多彩な実験を試み、ビオメハニカ(肉体訓練)の提唱、古典劇の斬新な演出で世界の劇壇に驚異を与えた。スターリン時代に弾圧を受け銃殺された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイエルホリド
めいえるほりど
Всеволод Емильевич Мейерхольд Vsevolod Emil'evich Meyerhol'd
(1874―1940)

ロシアの演出家。ペンザのドイツ系ユダヤ人の実業家の家に生まれる。モスクワ大学法学部を中退、1896年モスクワ音楽愛好(フィルハーモニー)協会の音楽演劇学校に入る。98年にモスクワ芸術座の創立に俳優として参加し、『かもめ』『三人姉妹』『十二夜』などに出演したが、同座の写実主義・自然主義的傾向に飽き足らず、退団。1902年ヘルソンで地方巡業劇団を創立し、演出家、俳優としてさまざまな実験を行った。06年にはペテルブルグのコミサルジェフスカヤ劇場の主任演出家になり、08年からアレクサンドリンスキー劇場やマリンスキー劇場で活躍。『雷雨』『仮面舞踏会』などを演出しながら、マイニンゲン公劇団やコメディア・デラルテなどの影響のもとに様式演劇を追求し、ブロークの『見世物小屋』などで神秘的、象徴主義的演劇の実験を行った。十月革命(1917)を熱狂的に受け入れ、「演劇の十月」のスローガンのもとに革新的演劇を目ざし、演劇界の指導的地位についた。1920年にはモスクワにメイエルホリド劇場を創設、アジ・プロ劇の手法やサーカス芸を取り入れた斬新(ざんしん)な演出で古典劇の再評価上演をも行うとともに、独創的な肉体訓練「ビオメハニカ」を実践して、世界の前衛的な芸術運動に多大の影響を与えた。スターリン時代に形式主義の烙印(らくいん)を押され、38年劇場閉鎖、翌年逮捕、40年に処刑されたが、55年に名誉回復された。『ミステリア・ブッフ』『南京虫(なんきんむし)』『森林』『委任状』『検察官』『椿姫(つばきひめ)』などの名演出がある。[中本信幸]
『佐藤恭子著『メイエルホリド』(1976・早川書房) ▽エドワード・ブローン著、浦雅春訳『メイエルホリドの全体像』(1982・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメイエルホリドの言及

【演出】より

…ブレヒトは舞台に真実らしい幻想をつくりだすことを拒否し,観客を劇の世界に同化させないよう,その意識をたえず現実に引き戻す工夫をした。ソ連では,モスクワ芸術座の写実主義的傾向にあきたらず,独創的な肉体訓練を俳優に実践させ,世界の前衛的な芸術運動に多大な影響を与えたV.E.メイエルホリドが,反リアリズム,抽象美の舞台をつくりあげた。フランスではJ.コポーが,ビュー・コロンビエ座を創設(1913),裸の舞台で,戯曲を尊重し,俳優に自由な演技を求めた。…

【コミサルジェフスカヤ】より

…巡業で金を工面し,04年にコミサルジェフスカヤ劇場を創設。官憲の監視下にあるゴーリキーの《別荘人種》(1904),《太陽の子どもたち》(1905)を上演・主演したり,新進気鋭のメイエルホリドを招き,象徴主義演劇《ヘッダ・ガブラー》《修道女ベアトリーチェ》(1906)その他に主演もするが,彼の極端な反写実演劇に同調できず手を切る。以後アメリカ公演や地方巡業を続け,時代にこたえ,魂に訴える演劇づくりを模索したが,道半ばにして巡業地タシケントで天然痘のため死去した。…

【ビオメハニカ】より

…ソ連邦のメイエルホリドが提唱し,弟子たちにやらせた俳優の訓練法。初期のスタニスラフスキー・システムが俳優演技の基礎を内面体験におき,ひたすら〈そのつもりになる〉ことを主張したのに反発して,1917年の十月革命後提唱された。…

※「メイエルホリド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メイエルホリドの関連キーワードオフロープコフトフストノーゴフポポフモスクビンワフタンゴフソ連邦モスクワ5000オブラスツォフザワツキーラベンスキフ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メイエルホリドの関連情報