コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メグロ(目黒) メグロBonin Islands honeyeater

世界大百科事典 第2版の解説

メグロ【メグロ(目黒) Bonin Islands honeyeater】

スズメ目ミツスイ科の鳥(イラスト)。全長約14cm。一見メジロ(メジロ科)に似た小鳥で,背面は灰色がかった暗オリーブ色,下面は黄色い。メジロと違って,額,眼の周囲,顔が黒い。体はメジロよりひとまわり大きく,くちばしや脚もずっと大きくじょうぶである。小笠原諸島の特産で,聟島列島母島列島,父島に生息するとされるが,母島列島以外では絶滅したようである。母島では原生林や村落の近くにすみ,海岸の低木林の中でも見かける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のメグロ(目黒)の言及

【ミツスイ(蜜吸)】より

…種によっては,グループでさえずったり,数羽で二重唱や三重唱を歌う。日本には,ミツスイ科の鳥として,小笠原諸島にメグロApalopteron familiareが分布しているが,メグロがほんとうにミツスイ科の鳥なのかどうかは疑わしい点もある。【森岡 弘之】。…

※「メグロ(目黒)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android