コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メシエカタログ Messier catalog

翻訳|Messier catalog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メシエカタログ
Messier catalog

1771年から 1786年にかけて,シャルル・メシエが彗星発見の便宜のため 110個の星団星雲銀河を記載した一覧表。今日も多くの星雲や星団がこの表の番号で M1(かに星雲),M13(ヘルクレス座球状星団),M31(アンドロメダ銀河)などと呼ばれ,NGC星表(NGCカタログ)と並んで親しまれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メシエ‐カタログ(Messier catalog)

フランスの天文学者メシエが1781年に作った、星雲星団の最初の目録。103個記載され、その後に7個追加された。その登録番号はメシエ番号として現在も使われ、頭文字のMをつけて表す。メシエ星表(せいひょう)。→メシエ天体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

メシエカタログ【Messier catalog】

彗星探索家メシエの作成した星雲・星団のカタログ.彼の生前にはM109までが登録されたが,そのうちいくつか(M40 ,M47,M48,M91,M102)は二重記録だったり実際の彗星だったらしく,現在では疑問とされている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

メシエカタログの関連キーワード田沼時代ベニョフスキーベニョフスキー三浦梅園お蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android