コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メスメル メスメル Mesmer, Franz (Friedrich) Anton

3件 の用語解説(メスメルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メスメル
メスメル
Mesmer, Franz (Friedrich) Anton

[生]1734.5.23. ワイル近郊
[没]1815.3.5. メールスブルク
ドイツの医者。メスメリズムの始祖。メスメリズムは,全宇宙を満たしているなんらかの流体が人間の神経系統に働き,収縮と膨張を繰返していると考えた。そして,その作用が体内で妨げられることが病気の原因であり,指で患部に触れるなどしてこの流れを正常化すれば治療効果が生じるとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

メスメル
メスメル
Messmer, Pierre Auguste Joseph

[生]1916.3.20. バンサンヌ
[没]2007.8.29. パリ
フランスの政治家。パリ大学,国立東洋言語学校卒業。法学博士。 1940年以降シャルル・ドゴール自由フランス運動に参加。アフリカイタリア,フランス,ドイツ戦線で戦い,1945年にはインドシナベトミンの捕虜となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メスメル
めすめる
Friedrich Anton Mesmer
(1734―1815)

オーストリアの医学者。ボーデン湖畔のイズナングの生まれ。ウィーン大学で医学を学び、1766年「惑星の影響について」と題する論文を書いて卒業。その後に唱えた病気と治療に関する学説はこのときの考えに由来する。ウィーンで開業し、惑星からおこるとした動物磁気説を提唱して病気の診療を行ったが、1778年パリへ追放された。しかし「いんちき医者」としてパリからも追われ、各地を転々、最後は生まれ故郷に近いメールスブルクで晩年を送った。彼の治療法メスメリズムは一種の暗示療法と考えられるもので、後世に少なからぬ影響を及ぼした。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メスメルの関連キーワード近郊ワイヤわいわいわいわい連ワイルドワイルドウエットワイルドキッズワイルド・ワイルド・ウエストワインのお風呂ワイルド・ワンスイートワイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone