コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタセコイア メタセコイアMetasequoia glyptostroboides; dawn redwood

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタセコイア
Metasequoia glyptostroboides; dawn redwood

スギ科の落葉高木。アケボノスギともいう。化石学者三木茂が 1941年に日本産の化石を規準標本として,スギ科の新属としてメタセコイア属を創設し,その化石に M. distichaと命名した。このメタセコイア属の植物は,当時絶滅したものと推定されていたが,46年に中国四川省の磨刀渓でメタセコイアの現生種が発見され,「生きている化石」として学界の注目をひいた。湿地に生えているので中国名は水杉という。小さな線形の葉を羽状に密に対生し,落葉するときはヌマスギと同様に枝ごと落ちるので一見羽状複葉のようにみえる。球果,鱗片および葉がいずれも十字対生をする点で従来のスギ科のものと異なり,挿木によって簡単にふえ,生長が速いので現在は世界各地で栽培されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

メタセコイア(〈ラテン〉Metasequoia)

スギ科の落葉高木。高さ30メートル以上にもなる。幹はまっすぐ伸び、樹形円錐形樹皮赤褐色で縦に裂ける。葉は線形で羽状につき、柔らかく、秋に紅葉して小枝とともに落ちる。化石はアジア地域に広く産出するが、現生種は1943年に中国四川省で発見された。公園などに植えられる。あけぼのすぎ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

メタセコイア

アケボノスギとも。スギ科の落葉高木。1945年,中国四川省(現,湖北省)で発見された。1949年日本にも伝えられ,現在各地に植えられている。葉は羽状複葉で柔らかく,細い小枝に対生する。
→関連項目遺存種

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メタセコイア【Metasequoia glyptostroboides Hu et Cheng】

アケボノスギともいう(イラスト)。1943年に発見され,生きている化石植物と騒がれたスギ科の落葉高木で,庭園に植えられる。高さ35m,径2~3mに達し,幹は通直,樹皮は灰褐色で縦に薄くはげる。密に分枝して狭い円錐形の樹形をなし,小枝は対生する。葉も2列に対生し,線形で長さ15~20mm,葉と側生の小枝は秋にちりぢりに落ちる。雄花楕円形で枝端に穂状に対生し,おしべも十字対生。雌球花も小枝に頂生し,22~26個の果鱗が十字対生しておのおのに5~9個の胚珠が直生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

メタセコイア【Metasequoia】

スギ科の落葉針葉高木。化石植物として知られていたが、1943年に中国四川省で現生種が発見された。生長が早く、世界各地で公園樹や街路樹として栽植される。高さ35メートル、径2メートルに達する。葉は線形で軟らかい。曙杉あけぼのすぎ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メタセコイア
めたせこいあ
[学]Metasequoia glyptostroboides Hu et Cheng

スギ科の落葉高木。和名はアケボノスギという。また中国名は水杉。樹幹は直立し、大きいものは高さ35メートル、径2~3メートルに達する。樹冠は円錐(えんすい)形になり、樹皮は赤褐色で浅く縦裂する。枝は毛がない。葉は2列対生し、線形で、長さ0.8~3センチメートル、幅1~2センチメートル、秋に橙赤褐色(とうせきかっしょく)になる。小枝は葉とともに落ちる。雌雄同株。2~3月に開花し、雄花は褐色で腋生(えきせい)または頂生し、総状または円錐花序をなし、長く垂れ下がる。雌花は細長く、枝先に単生する。果実は角状球形で、径1.5~2.5センチメートル。果鱗(かりん)は十字形対生をなす。種子は倒卵形で翼に包まれ、10月ころ成熟する。やや湿気のある排水のよい肥沃(ひよく)地でよく育つ。材は白色で、建築、器具、薪炭などに利用し、また、庭園、公園などに植栽する。セコイアの名がついているが、セコイア属Sequoiaとは別属に分類されている。
 中生代白亜紀以降、とくに新生代第三紀の時代には北半球各地に広く分布していた。日本でも第四紀前半まで生存していた。現生種は「生きている化石」(遺存種)の例として有名となった。[林 弥栄]

文化史

発見はドラマチックである。1943年、森林資源調査に加わった中国の林務官王戦(ワンツァン)は、湖北省謀道の祠(ほこら)で神木とされていた未知の樹木と出会うが、同定できず、翌年、採集された花と果実が北京(ペキン)の胡先(フーシエンスー)中国植物学会会長に送られた。胡はこれを、日本の三木茂が化石で命名(1941)したメタセコイア属と同定し、46年に発表した。48年1月、種子がアメリカに届き、3月にはカリフォルニア大学のチェネーが自生地を訪れて採集したが、以降は国共内戦で門戸は閉ざされてしまう。日本への渡来は49年(昭和24)チェネーが金光(こんこう)教の福田美亮に託し、天皇に献上、皇居に植えられたのが初めである。翌年届いた苗は全国に配布され、挿木繁殖で広がった。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のメタセコイアの言及

【遺存種】より

…ふつう沖縄本島のヤンバルクイナや西表(いりおもて)島のイリオモテヤマネコのように,島に孤立化している地理的に分布の狭いものが例にあげられているが,いろいろなカテゴリーのものが含まれている。すなわち,アメリカのバイソンのように,かつては個体数が豊富であったのに少数しか残存していないもの(数量的遺存種),メタセコイアのようにユーラシアの広い地域に分布していたものが,現在は中国四川省の限定された狭い地域にだけ生き残っているもの(地理的遺存種),シャミセンガイのように5億年もの間,ほとんど変化することなく例外的にゆっくりと進化したもの(系統的遺存種),ゾウのようにかつてはたくさんの類縁種があったのに,現在では2種しか存在せず類縁種の数が少なくなったもの(分類的遺存種)などである。これらのカテゴリーは互いに関連しあい,シーラカンスなどの場合はすべての意味での遺存種といえるが,ゾウのような場合は系統的遺存種とはいえないし,よく遺存種として扱われているオーストラリアの有袋類は,厳密にはそうはいえない面もある。…

【スギ(杉)】より

…これは現生の属の中間的形質をもった種や属が絶滅したためと思われる。また分布も,タスマニアスギ属Athrotaxis(タスマニア),コウヨウザン属Cunninghamia(中国南部,台湾),スイショウ属Glyptostrobus(中国南東部),メタセコイアMetasequoia(中国中部),セコイアSequoia(北アメリカ西部),セコイアオスギSequoiadendron(北アメリカ西部),タイワンスギ属Taiwania(中国南西部,台湾),スギ属Cryptomeria(日本と中国南東部),ヌマスギ属Taxodium(北アメリカ南東部,メキシコ)と,それぞれ隔離的に分布している(図)。タスマニアスギは包鱗上に多数の種鱗があり,タイワンスギでは種鱗が退化消失し,胚珠は包鱗上についている。…

※「メタセコイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メタセコイアの関連キーワード香川県木田郡三木町水泳コーチ殺害事件リュウケツジュコウヤマキ科三木茂(1)阿仁合植物群植物区系近藤芳美落葉樹林三木 茂街路樹針葉樹樹脂道残存種木材石炭曙杉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メタセコイアの関連情報