コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メナモミ メナモミSiegesbeckia pubescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メナモミ
Siegesbeckia pubescens

キク科の一年草。アジア東部の温帯から暖帯に分布し,関東地方より西の山野に普通にみられる。は直立し 1m内外の高さになり,紅紫色を帯びていて葉とともに開出毛が密生する。葉は柄があって対生し,長さ 10~20cmの卵状円形で3本の葉脈が目立つ。秋,茎の先端および上部葉腋から葉柄を出し,黄色で小型の頭花を多数つける。総包には脱落性の腺毛があって粘液を分泌し,人や動物などに付着して運ばれ,種子を散布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

メナモミ

キク科の一年草。日本全土,東アジアの温〜暖帯に分布し,山野にはえる。茎は分枝し,高さ60〜120cm,上部には毛が密生。9〜10月,舌状花筒状花からなる,径約2mmの黄色の頭花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メナモミ【Siegesbeckia pubescens Makino】

山野に普通にみられるキク科の一年草(イラスト)。全体に腺毛がある。茎は高さ60~120cm,上部に毛が密生する。葉は卵形で,縁にあらい鋸歯があり,両面に長い毛が密生している。花期は9~10月。茎上部が分枝し,全体として大型の円錐状の花序を作る。花は直径2cmくらいの頭花で,花柄に腺毛がある(イラスト)。総苞片は5枚で開出し,狭いさじ形で柄のある腺毛を有する。花床には小花に対応する鱗片状苞葉があり,これにも腺毛が生えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メナモミ
めなもみ
[学]Siegesbeckia pubescens Makino

キク科の一年草。茎は直立し、高さ0.5~1.2メートル、上部は開出毛を密生する。葉は対生し、卵形または三角状卵形で、三行脈がある。花期は9~10月。舌状花は黄色で長さ約3ミリメートル、先端は3裂する。総包片は5枚でへら形、腺毛(せんもう)があって粘着する。痩果(そうか)は長さ約3ミリメートルで、刺(とげ)がない。若いときの外観はオナモミに似るが、オナモミは単性花で、果実に刺(とげ)がある。メナモミは山地や市街の草地に生え、日本、および朝鮮半島、中国大陸中南部に分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メナモミの関連キーワードギンケンソウ希賢草石持

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android