コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メノルカ島 メノルカとう Menorca

3件 の用語解説(メノルカ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メノルカ島
メノルカとう
Menorca

ミノルカともいう。スペイン東方,地中海西部のバレアレス諸島の島。バレアレス州,バレアレス県に属し,マヨルカ島に次ぐ第2の大きな島。平均標高は 50~100mの乾燥した台地から成る。中心都市マオンはバレアレス諸島第1の良港で,18世紀には軍事上重要な役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メノルカ‐とう〔‐タウ〕【メノルカ島】

Menorcaスペイン語で小島の意》地中海西部、バレアレス諸島の島。マリョルカ島の東に位置し、スペイン領。中心都市マオン。牧畜が行われるミノルカ島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メノルカ島
めのるかとう
Menorca

ヨーロッパの地中海西部、スペイン領バレアレス諸島第二の島。英語名ミノルカ島Minorca。名称は「小さな島」の意。面積668平方キロメートルで、主島マジョルカ島に次ぐ。人口7万1524(2001)。中心都市はマオン。標高50~100メートルの石灰岩台地よりなるが、イベリア半島のペニ・ベティカ山脈の延長上にあるので、北東部に最高点357メートルのトロ山を中心とする、おもに結晶岩質の古生層からなる丘陵地がみられる。地中海性気候で、1月の平均気温10℃と冬季は温暖である。夏は涼しい北西風のトラモンタナにより暑さが和らげられ、各季節を通じ晴天の日が多く、夏季3か月の降水量は50ミリメートル以下で乾燥する。小麦、大麦などの穀類、ジャガイモ、飼料用カブ、牧草などを主とした乾燥畑の農業と草地の牧畜が行われる。鍾乳洞(しょうにゅうどう)内の考古学的遺跡やギリシア時代の墳墓などをはじめ、この島を次々に植民地とした各民族の遺跡が残っている。なお、正式にスペイン領としてイギリスから回復したのは1783年ベルサイユ条約によってである。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メノルカ島の関連キーワードマリョルカ島ミノルカ島ミノルカバレアレス組曲「スペイン」スペイン舞曲集イビサ[島]マリョルカ[島]メノルカ[島]スペイン風オムレツ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メノルカ島の関連情報