コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メバロン酸 メバロンさん mevalonic acid

3件 の用語解説(メバロン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メバロン酸
メバロンさん
mevalonic acid

火落酸ともいう。化学式 HOCH2C(CH3)(OH)CH2COOH 。清酒の変敗を引起す真性火落菌の生育に不可欠の因子で,通常の清酒,ビールなどにもわずかに存在する。液体で水や極性溶媒に溶ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

メバロン酸

 C6H12O4 (mw148.16).

 火落酸ともいう.生体内でのコレステロールカロテノイド補酵素Qなどの合成中間体.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メバロン酸
めばろんさん
mevalonic acid

3,5-ジヒドロキシ-3-メチル吉草酸。コレステロールは生体中で酢酸より合成されるが、ある種の乳酸菌において合成培地より酢酸を除去すると生育ができなくなる。この酢酸にかわる因子として発見・分離されたのがメバロン酸である(1956年、アメリカ・メルク社の研究グループによる)。一方、これとほぼ同時に、清酒に繁殖してこれを変敗させる火落(ひおち)菌より同様の不可欠生育因子が発見され、これをコウジカビの培養濾液(ろえき)より分離し、火落酸と命名した。これがメバロン酸と同一物質であることが1958年田村学造(1924―2002)らによって確認された。このメバロン酸がスクアレンを経てコレステロール生成を行うことが、肝破砕液を用いて証明された。コレステロール生合成の経路の大筋は、酢酸→ヒドロキシメチルグルタリル補酵素A(HMG-CoA=β-hydroxy-β-methylglutaryl coenzyme A)→メバロン酸→スクアレン→コレステロールと示すことができる。動物におけるコレステロール合成の初期段階はメバロン酸生成反応と考えられており、メバロン酸の発見はコレステロール生合成の解明をもたらしたともいえる。メバロン酸はHMG-CoAがHMG-CoA還元酵素によって還元されて生成するが、この酵素の阻害剤の数種はコレステロール低下作用が強いことから、脂質異常症の治療薬として広く用いられている。[飯島康輝]
『栃倉辰六郎他監修『発酵ハンドブック』(2001・共立出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メバロン酸の関連キーワード水和物火落酸二硫酸化学反応式生物化学分析分枝2-オキソ酸化学式量火落菌ヒ酸(砒酸)フッ化硫黄(弗化硫黄)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone