メヒカリ(読み)めひかり(英語表記)Mexicali

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メヒカリ(メキシコ)
めひかり
Mexicali

メキシコ北西部、アメリカとの国境の都市。バハ・カリフォルニア州の州都。人口54万9873(2000)。同国北西端のティフアナに至る国道2号線が通じており、2715キロメートル離れたメキシコ市との間には急行列車もある。アメリカへの季節労務者の出入りが多く、とくにアリゾナ州ユマのミカン栽培に従事する者が多い。コロラド川下流の乾燥地にあるが、灌漑(かんがい)により、綿花栽培地域に変貌(へんぼう)した。外港は、南199キロメートルにあるカリフォルニア湾のサン・フェリペ港である。日本人系移民が多い。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メヒカリの関連情報