メリーゴーラウンド(英語表記)merry-go-round

翻訳|merry-go-round

百科事典マイペディアの解説

メリーゴーラウンド

回転木馬円形台座に動物や乗物模型等を取り付け,動力で回転する児童用の娯楽乗物。1860年ころフランスで考案されたスポーツ練習機が起源とされ,1870年ころ英国で現在の形が作られた。その後20世紀初頭のドイツで発達し,なかでもハッセが1907年に製作した〈エル・ドラド〉は技術と芸術の精華と評された。日本には1903年,大阪の第5回内国勧業博覧会で〈快回機〉の名で初めて紹介され,のち浅草のルナパークや花屋敷に導入されて広まった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メリーゴーラウンド【merry‐go‐round】

動物や乗物の模型を回転する円盤に固定した遊戯機械。回転木馬とも呼ばれる。馬上試合に由来するスポーツの練習機が1860年ころフランスで考案され,しだいに優雅な遊びに変わったのが起原と考えられる。70年ころ,イギリスのサベッジFrederick Savage(1828‐97)が,蒸気機関によって円盤を回転させ,クランクで木馬を上下させる装置パテントを取り,製作を開始した。黄金時代を迎えたのは,20世紀初頭のドイツである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メリーゴーラウンド
めりーごーらうんど
merry-go-round

回転木馬。遊園地や児童向き娯楽場などの主要遊戯乗り物の一つ。円形プラットホームに、主として木馬、その他の動物や馬車などの形をした座席があり、モーターの動力でプラットホームとともに回転し、木馬などは同時に上下運動する。中世ヨーロッパの騎士たちの、馬上からの槍(やり)投げ練習道具として考案されたカラセルcarouselがその発祥といわれ、このため欧米ではいまでもこの名でよばれることが多い。8世紀の初頭イギリス、フランスでいまのメリーゴーラウンドに近いものが、祭りの催し物として設置されるようになった。初め回転は人力によったが、1863年、イギリス人ブラッドショーが動力の機械化を考案した。
 日本に登場したのは、1903年大阪で行われた内国勧業博覧会で、常設されるようになったのは07年ころの浅草の遊園地である。スリル中心の現在の遊園地娯楽施設のなかにあって、メリーゴーラウンドの牧歌的雰囲気が、いまも幼児から高年齢層にまで愛されている。[梶 龍雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

メリー‐ゴー‐ラウンド

〘名〙 (merry-go-round)⸨メリーゴーランド⸩ 遊園地の遊戯乗り物の一つ。円形の大きな台に木馬などを据えて、台を回転させる。回転木馬。
※風俗画報‐二六九号(1903)場内の余興「快回機(メリーゴーラウンド)は〈略〉木馬に跨がり、愉快に回転する機械なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のメリーゴーラウンドの言及

【木馬】より

…このほか動かないもの,手で揺り動かすもの,車つきで引いて移動させるものなどがある。木馬を数多く取りつけ回転させて遊ばせるのが遊園地などに設置されているメリーゴーラウンドである。そのほか小銭を入れると馬が上下に動いて回転する電動式のものがある。…

※「メリーゴーラウンド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メリーゴーラウンドの関連情報