コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メレディス メレディス Meredith, George

6件 の用語解説(メレディスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メレディス
メレディス
Meredith, George

[生]1828.2.12. ポーツマス
[没]1909.5.18. サリーボックスヒル
イギリスの小説家,詩人。裕福な仕立屋の子に生れ,ドイツに遊学,帰国後弁護士を志したが文学に転じた。作家 T.L.ピーコックの娘と結婚したが,妻に逃げられる不幸を経験,『リチャード・フィバレルの試練』 The Ordeal of Richard Feverel (1859) から本格的な小説を書きはじめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メレディス(George Meredith)

[1828~1909]英国の小説家・詩人。ビクトリア朝の上流知識階級の心理を風刺を交えて描いた。小説「エゴイスト」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メレディス

英国の小説家,詩人。豊かな仕立屋の子に生まれる。代表作《エゴイスト》(1879年)や《リチャード・フェブレルの試練》(1859年)などの小説で上流階級や知識人の心理を描く。
→関連項目ポーツマス(イギリス)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メレディス【George Meredith】

1828‐1909
イギリスの小説家,詩人。生家は富裕な洋服商であったが,後に破産した。個人教育,ドイツ留学ののち弁護士を目ざしたが,やがてジャーナリズムに転じ,詩集や才気に満ちた空想物語を発表し,小説家ピーコックの娘と結婚した。本格的小説の第1作は《リチャード・フェブレルの試練》(1859)で,自然と女性を敵視する父親に教育された主人公の愛の破綻を,複雑華麗な文体で語っている。この間妻に捨てられ,ソネット風の十六行詩連作《現代の愛》(1862)でみずからの愛とその崩壊の苦悩を追究した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メレディス【George Meredith】

1828~1909) イギリスの小説家・詩人。性格描写にすぐれ、風刺に富む社会喜劇などを書いた。夏目漱石に影響を与えた。小説「エゴイスト」、詩集「近代の恋」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メレディス
めれでぃす
George Meredith
(1828―1909)

イギリスの小説家、詩人。ポーツマスで仕立屋の子として生まれる。青年時代ドイツで教育を受け、のち法律家を志したが文学の世界に転向した。小説家ピーコックの娘で年上の未亡人と結婚したが、夫婦仲はうまくいかず、やがて妻は若い男と駆け落ちした。1851年に最初の詩集を、55年には奇想天外な物語『シャグパットの毛剃(けぞ)り』を発表、一部からは注目されたが、一般読者からは認められず、したがって生活は苦しかった。59年、小説『リチャード・フィベレルの試練』で広く認められ、その後『エゴイスト』(1879)、『十字路のダイアナ』(1885)などにより作家の地位は確立、『喜劇論』(1877講演、1897刊)などの評論も書き、また出版社の顧問として無名の新人発掘に貢献するなど、晩年はイギリス文壇の大御所的地位についた。しかし彼の作品は難解であるために、終生多数の読者を得ることはなかった。ところが本国人でも読みにくいメレディスを愛読し、それを完全にわが血肉としたのが夏目漱石(そうせき)で、『虞美人草(ぐびじんそう)』『草枕(くさまくら)』などの作品に、はっきりとその影響を読み取ることができる。[小池 滋]
『相良徳三訳『喜劇論』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメレディスの言及

【エゴイスト】より

…イギリスの小説家メレディスの代表作。1879年刊。…

【喜劇】より

…ディドロの提唱する〈まじめな喜劇comédie serieuse〉や,催涙喜劇comédie larmoyanteというジャンルがそれで,ドイツでも感傷喜劇が流行した。G.メレディスの《喜劇論On the Idea of Comedy》(1877年講演,97年出版)では,社会的な発展の遅れた国で,よい喜劇は生まれない例としてドイツを挙げているが,共感できる主人公の登場するレッシングの《ミンナ・フォン・バルンヘルム》のような喜劇は,モリエール流の喜劇とはジャンルの異なる温かい情をもったドイツ的喜劇とみるべきだろう。 17世紀のモリエールの影響はデンマークのJ.L.ホルベアなどに認められ,イタリアでは,C.ゴルドーニが,即興喜劇の伝統に固執するC.ゴッツィなどの妨害に出会いながら,文学的な性格喜劇を残した。…

【ハーディ】より

…しかしロンドンの生活を嫌ったために,建築界での出世をあきらめて故郷に帰り,文学を一生の仕事にしようと決意した。68年匿名で《貧民と貴婦人》という長編小説を書き,ロンドンの出版社に送ったところ,当時文壇で重きをなしていたG.メレディスの目にとまった。メレディスはこの小説があまりに過激な社会思想に色づけられ,出版社から排斥されるから,もっと筋立てのおもしろさをねらった作品を書いたほうがよい,とハーディに忠告した。…

※「メレディス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メレディスの関連キーワードプルーマーボローマリヤットフォレスターイギリス巻ブッカー賞トリスターナアガサ・クリスティイギリスの名車Miniバースデーの日イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メレディスの関連情報