コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メングス(英語表記)Mengs, Anton Raphael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メングス
Mengs, Anton Raphael

[生]1728.3.22. ボヘミア,アウシヒ
[没]1779.6.29. ローマ
ドイツの画家。 1741年にローマに行き,ザクセン侯アウグスト3世のためにラファエロの作品を模写し,44年宮廷画家となった。 55年以降は主としてローマで活躍。ナポリ,マドリードの宮廷でも制作した。 J.J.ウィンケルマンと親交があり,古典主義的な作風で,宗教画やパステルによる肖像画を得意とし,同時代の古典主義的風潮のリーダーの一人となった。主要作品はビラ・アルバーニの天井画『パルナッソス』 (1761) 。著書に『絵画の趣味と美についての考察』 Gedanken über die Schönheit und über den Geschmack in der Malerei (62) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メングス

ドイツ新古典主義の画家。ボヘミアのアウスィッヒ生れ。1741年画家である父とともにローマに行って以来,しばしば同地で活動した。その他ドレスデンやマドリードでも宮廷画家として活躍。ラファエロや古代の芸術を理想とし,色彩ではコレッジョの影響を受けた。当時発掘されたヘルクラネウムの壁画や交友のあった学者ウィンケルマンの感化も大きい。代表作はローマのアルバーニ荘の天井画《パルナソス》(1760年―1761年)。
→関連項目ゴヤ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メングス【Anton Raphael Mengs】

1728‐79
ボヘミア生れのドイツの画家。父イスマエルIsmael M.(1688‐1764)はコペンハーゲン出身のユダヤ人の画家で,その厳しい教育は1741‐44年のローマ滞在中まで続き,バチカン美術館で模写を行った。帰国後46年ドレスデンの宮廷画家となるが父と不和になり,カトリックに改宗。52年,最終的にローマに出てウィンケルマンと親交をもち,その古典主義的芸術理論に触れる。ナポリで知遇を得た,後のスペイン国王カルロス3世に招かれ,61‐76年スペインの宮廷画家として,王宮や離宮にティエポロらとフレスコ画を競い,多くの肖像を描いて,若いゴヤを含む当時のスペイン画壇に絶大な影響力を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メングス
めんぐす
Anton Raphael Mengs
(1728―1779)

ドイツの画家。ボヘミアのアウシヒに生まれ、ローマで没した。父イスマエルIsmael M.(1688―1764)に絵を学び、1741年ともにローマに赴く。44~54年ドレスデンで宮廷画家として活躍、この間46~49年再度ローマに滞在。54年ローマの聖ルカ・アカデミー会長となる。61~69年および73~74年には、スペイン宮廷の招きでマドリードに滞在する。彼は後期バロックから出発してラファエッロを研究し、またウィンケルマンに傾倒して折衷的な古典主義を創始した。ローマのビラ・アルバーニの天井画『パルナス』はその代表作。スペインではティエポロと壁画の競作があり、若いゴヤとの接触もある。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメングスの言及

【偽作】より

…他方,画家たちが古典探究の目的でコピー(模倣)した作品,工房作(工房),あるいは他の画家の真正の作品などが,誤解もしくは故意によって,真作として流通する場合も少なくない。たとえば,A.R.メングスは古代へのみずからの傾倒と鑑識のほどを示すために《ユピテルとガニュメデス》を古代の絵画として制作したが,これにはウィンケルマンすらも惑わされている。ルーベンスやクラーナハの工房作が,オリジナルとして通用する場合も多い。…

※「メングス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android