コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデレビウム mendelevium

翻訳|mendelevium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンデレビウム
mendelevium

元素記号 Md ,原子番号 101。周期表3族のアクチノイド元素で,超ウラン元素の1つ。 1955年 A.ギオルソ,B.ハーベイ,G.ショパン,S.トンプソンおよび G.シーボーグによって発見された。アインスタイニウム 253をヘリウムイオンで衝撃することにより,メンデレビウムの放射性同位体 255および 256の生成が確認された。その核的性質,放射能のほか,イオン交換樹脂からの溶出順序が原子番号に対応することに基づいて確認されたことは有名である。ロシアの化学者 D.メンデレーエフにちなんでメンデレビウムと命名された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

メンデレビウム

元素記号はMd。原子番号101。超ウラン元素の一つ。1955年バークリーにあるカリフォルニア大学の放射線研究所でシーボーグらが253Esにα粒子を衝撃して初めて質量数256の同位体をつくった。半減期1.5時間で,軌道電子捕獲によって崩壊し256Fmとなる。名はメンデレーエフにちなむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メンデレビウム【mendelevium】

周期表元素記号=Md 原子番号=101電子配置=[Rn]5f126d17s2 おもな酸化数=II,III周期表第IIIA族に属するアクチノイドの一つ。1955年2月アメリカのカリフォルニア大学において,ギオーソA.Ghiorso,ハーベーB.G.Harvey,チャピンG.R.Choppin,トムソンS.G.Thompson,シーボーグG.T.Seaborgが,プルトニウムに中性子照射を行って生成した微量の253Esに,サイクロトロンで加速した41MeVのα粒子を衝撃して核反応を起こさせ,その生成物から101番元素の存在を確認した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メンデレビウム【mendelevium】

アクチノイドの一。元素記号 Md  原子番号101。超ウラン元素の一つで、同位体はすべて放射性。半減期の最も長い核種の質量数は二八五。1955年、アインスタイニウムをサイクロトロンで加速した高エネルギーのヘリウムイオンで衝撃して得た人工元素。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メンデレビウム
めんでれびうむ
mendelevium

アクチノイドに属する超ウラン元素の一つ。原子番号101、元素記号Md。101番の元素となるところから、周期律・周期表の提出者であるロシアのメンデレーエフを記念して命名された。
 1955年アメリカのシーボーグらのカリフォルニア大学グループが、アインスタイニウム253を加速ヘリウムイオンで衝撃してメンデレビウム256を得た。現在でも元素の性質などはほとんど調べられていないが、水溶液中ではアクチノイドに典型的な酸化数+のイオンとして挙動する。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メンデレビウムの関連キーワードメンデレビウム(データノート)原子量一覧/元素名順レントゲニウムボーリウム人工元素MD

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android