モクレン

百科事典マイペディアの解説

モクレン

シモクレン(紫木蓮)とも。モクレン科の落葉低木。中国原産で古く日本に渡来。葉は広倒卵形。4〜5月,小枝の先に暗紫色の6弁花を1個ずつつける。花は葉に先だって開き,葉が伸びだしても次々と咲き続け,長さ約10cm,ふつう平開しない。おしべめしべとも多数。果実は長楕円形,褐色で,多数の袋果からなり,秋に成熟し,子房は縦に裂けて,赤色の種子が白い糸状の柄でぶら下がる。近縁ハクモクレンも中国原産。葉は倒卵形で先がとがり,3〜4月,葉に先だって小枝の先に大きな乳白色の花を開く。花を観賞するため広く植えられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モクレンの関連情報