コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラエス モラエス Moraes, Wenceslau de Sousa

8件 の用語解説(モラエスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モラエス
モラエス
Moraes, Wenceslau de Sousa

[生]1854.5.30. リスボン
[没]1929.7.1. 徳島
ポルトガルの海軍士官,外交官。モライスとも呼ぶ。小泉八雲と並ぶ日本文化の紹介者として知られる。海軍士官としてポルトガル領植民地を転々とし,1888年中国に赴き,1891年マカオ港副司令となり,1898年来日,神戸,大阪総領事を務めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モラエス(Wenceslau de Moraes)

[1854~1929]ポルトガルの海軍軍人・日本文化研究家。明治31年(1898)来日、神戸・大阪領事となり、日本女性と結婚し、のち徳島に永住。日本の民俗・文化を海外に紹介した。著「日本通信」「徳島の盆踊」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モラエス

ポルトガルの文学者。元海軍軍人。1898年日本へ移住,その後15年間神戸駐在総領事,その間日本婦人と同棲し,1913年徳島に隠棲(いんせい),乞食(こじき)同然の生活をしながら著述に専念。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

モラエス Moraes, Wenceslau de

1854-1929 ポルトガルの外交官,作家。
1854年5月30日生まれ。海軍士官,マカオ港務副司令。明治22年(1889)からしばしば来日し,31年日本移住を決意。神戸・大阪領事となり,福本ヨネを内縁の妻とした。のち総領事。大正2年亡妻ヨネの故郷徳島に隠棲,ヨネの姪斎藤コハルとくらす。日本風俗の紹介記事を故国におくり,それを著書にまとめた。昭和4年6月30日死去。75歳。リスボン出身。著作に「日本通信」「徳島の盆踊」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

モラエス

没年:昭和4.6.30(1929)
生年:1854.5.30
明治大正期のポルトガルの軍人,外交官,文筆家。リスボンの旧家の嫡男として生まれ,海軍に入る。モザンビークに10年余勤務ののち,1888年マカオへ移り,1891年マカオ港務副司令,1893年広東総領事。この間明治22(1889)年に初めて日本を訪れ,以来度々来日。31年マカオ港務副司令解任を機に日本居住へ意を決し,知友の斡旋で神戸大阪副領事代行の職に就く。本国における1910年の革命と共和臨時政府成立を背景として,大正1(1912)年総領事の地位を得るが,相前後して内縁の妻福本ヨネに死別。翌年ヨネの故郷徳島に,その姪斎藤コハルと共に隠棲。5年のコハルの死後も同地で暮らし,孤独のうちに生涯を終える。『大日本』(1897),『日本通信』(1904~05,28),『徳島の盆踊り』(1916)その他日本の文化や風俗に関する著作は,18世紀以降非ポルトガル系の日本論ないし日本見聞記が圧倒的多数を占めるなかにあって貴重。『定本モラエス全集』全5巻がある。

(廣瀬靖子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モラエス【Wenceslau de Moraes】

1854‐1929
ポルトガルの文学者,日本文化研究家。リスボンに生まれ,海軍士官となり,モザンビークで勲功をたてたほか,博物採集なども行った。1888年マカオに来,《極東遊記》を書き始めた。89年はじめて日本を訪ね,97年《大日本》をリスボンで刊行した。99年神戸のポルトガル領事となり,翌年芸者福本ヨネを落籍,同棲をはじめ,日本通信を次々とポルトガルで発表した。1910年本国で革命が起こりポルトガル王国が共和国となると官を辞し,12年おヨネが死んだこともあって,翌年には徳島で斎藤コハルとの生活をはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モラエス【Moraes】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モラエス
もらえす
Wenceslau de Moraes
(1854―1929)

ポルトガルの海軍士官、日本文化研究家。海軍兵学校を卒業して海外植民地に勤務。1889年(明治22)初めて来日、以後しばしば日本を訪れた。98年マカオ港務副司令(海軍中佐)を最後に退役し、日本に移住。神戸、大阪領事となり、徳島生まれの芸者福本ヨネと結婚。ヨネの死後1912年徳島に移住、その姪(めい)斎藤コハルをめとったが、3年ほどでコハルも病没し、同地で孤独な晩年を送った。日本の庶民文化を熱愛し、これを研究紹介する多くの作品を故国の新聞・雑誌に書き送った。それらは掲載され、また書籍として出版された。主著に『大日本』(1897)、『日本通信』(1902~13)、『徳島の盆踊』(1911)、『お米(よね)と小春』(1923)、『日本精神瞥見(べっけん)』(1925)などがある。モラエスの生涯を描いた日葡(にっぽ)合作の映画『恋の浮島』(1982、パウロ・ローシャ監督)がある。[濱口乃二雄]
『花野富蔵訳『定本モラエス全集』全五巻(1969・集英社) ▽佃実夫著『わがモラエス伝』(1966・河出書房新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モラエスの関連キーワードサルダニャポルトガル文学バイロアルトウスルジーアダスポルトガルワインポルトガル・ポインターブラジルとポルトガルポルト(ポート)ソート=マヨール日置益

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モラエスの関連情報