コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モランディ Morandi, Giorgio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モランディ
Morandi, Giorgio

[生]1890.7.20. ボローニャ
[没]1964.6.18. ボローニャ
イタリアの画家,銅版画家。ボローニャで絵を学び,1912年に未来派の展覧会に出品。 18~19年,G.キリコ,C.カルラとともに「形而上絵画」を主唱し,瓶や器を主題にした静物を描き,瞑想的な作風を確立。 30年以降はボローニャの美術学校で銅版画を教えた。 48年ベネチア・ビエンナーレで大賞を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モランディ【Giorgio Morandi】

1890‐1964
イタリアの画家,銅版画家。生涯ほとんど生地のボローニャを離れず,その景色と静物のみを主題とする。初期にはセザンヌキュビスムの影響を受けたが,1918‐19年キリコやC.カラを知り,形而上絵画に同調し,1926,28年のノベチェント展に参加する。厳格な形体にきりつめられた瓶や壺や皿が必然的な位置に構成された彼の静物画は,禁欲的な色彩とともに日常性を剝奪され,不動の永遠性を獲得している。キリコはこれを〈日常の事物形而上学〉と呼んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モランディ
もらんでぃ
Giorgio Morandi
(1890―1964)

イタリアの画家。ボローニャで生まれ、同地の美術学校で学び、生涯をこの地で過ごした。1914年には未来主義者の展覧会に出品し、18年から20年まで形而上(けいじじょう)派に参加するが、そういうイタリアの芸術運動に対してあまり積極的ではなく、その後は孤立して制作に専念する。風景画においてはむしろセザンヌやコローに負うところが多く、静物においてはジョットや初期ルネサンスの造形性をよりどころとして、形象を単純化された輪郭でとらえ、白、灰色、褐色などの寒色を主調とした油の厚塗りの画面により、知的で瞑想(めいそう)的な絵画世界をつくりあげた。版画と水彩も多い。[小川 煕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モランディの関連キーワードラファエルウルダネタ橋イタリア美術ブレラ美術館7月20日ジョットカッラベッリ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android