コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モリソン号事件 モリソンごうじけん

6件 の用語解説(モリソン号事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モリソン号事件
モリソンごうじけん

天保8 (1837) 年日本漂流民7名を伴い対日通商と布教を目指して浦賀に来航したアメリカ船『モリソン』号 (当時はイギリス船とされていた) が,日本側の砲撃を受けて退去した事件。広東のアメリカ商社オリファント社の計画で,船長は D.インガソル

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モリソンごう‐じけん〔‐ガウ‐〕【モリソン号事件】

天保8年(1837)日本人漂流民7名を伴い、通商を求めて来航した米国の商船モリソン(Morrison)号を、幕府が異国船打払令に基づいて砲撃し、退去させた事件。幕府のこの強硬策の危険性を渡辺崋山高野長英らは批判・警告し、蛮社の獄による弾圧を招いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モリソン号事件【モリソンごうじけん】

1837年米国の貿易商社オリファント商会所属船モリソン号が,日本人漂流民を送還し,通商を開く目的で,マカオから浦賀沖に来航した。しかし幕府は異国船打払令にのっとり砲撃,同船は引き返した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モリソンごうじけん【モリソン号事件】

広東のアメリカ貿易商社オリファント社所属のモリソンMorrison号が1837年(天保8)日本人漂流民7人の送還を兼ねて対日貿易の開始を求めて浦賀へ来航し,異国船打払令に従った浦賀奉行の砲撃をうけ,さらに鹿児島湾に入港しようとして砲撃された事件。翌年,事件の真相をオランダ商館長の情報から知った幕府は,打払政策に関する評議を行ったが,幕府評定所一座が打払令順守を主張したことを知った渡辺崋山らは,幕府の危険な政策を批判し,蛮社の獄の原因の一つとなるとともに,対外的危機を認識させる事件となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モリソンごうじけん【モリソン号事件】

日本人漂流民七名を乗せた米国商船モリソン(Morrison)号が、1837年、浦賀沖と鹿児島湾口とで砲撃を受け、本来の目的とする通商を果たしえぬまま帰還を余儀なくされた事件。異国船打ち払い令を固持しつづける幕府は、事件を批判する人々に厳しい弾圧を加えた。 → 蛮社ばんしやの獄ごく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モリソン号事件
もりそんごうじけん

江戸後期、漂民送還と貿易・布教の端緒を開くため来航したアメリカ船が砲撃を受け退去させられた事件。1837年(天保8)、広東(カントン)のアメリカ商社オリファント商会Olyphant & Co.は社船モリソン号Morrisonで日本人海難船員の岩吉、久吉、音吉、庄蔵(しょうぞう)、寿三郎、熊太郎、力松の7名を日本に送還し、その機会に日本との貿易ならびにアメリカ海外宣教団の日本布教の端緒を開こうとした。同船は同年7月マカオを出帆し浦賀(うらが)沖にきたが、砲撃を受けて目的を果たさず、転じて鹿児島湾に接近停泊してふたたび砲撃され、やむなくマカオに引き返した。これはいずれも文政(ぶんせい)異国船打払令に基づくものであったが、幕府は翌年オランダ商館長が提出した機密の風説書(誤ってモリソン号をイギリス船としていた)によって同船の性格を知り、このような場合の外来船の処置につき評議した。その内容が民間にも漏れて、渡辺崋山(かざん)は『慎機論(しんきろん)』を、高野長英(ちょうえい)は『戊戌(ぼじゅつ)夢物語』を著して幕府の対外政策を批判したため、これが蛮社の獄(ごく)を引き起こす原因となった。[加藤榮一]
『春名徹著『にっぽん音吉漂流記』(1979・晶文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリソン号事件の関連キーワード日本人町日本町邦人本人大日本人名辞書日本人配偶者原日本人説日本人移民日本人劇日本人地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone