モルヒネ中毒(読み)モルヒネチュウドク

デジタル大辞泉の解説

モルヒネ‐ちゅうどく【モルヒネ中毒】

モルヒネによる麻薬中毒。一時的な大量使用では悪心(おしん)・嘔吐(おうと)、さらには昏睡(こんすい)状態に陥り、呼吸中枢麻痺(まひ)を起こして死に至る。少量の連用からしだいに増量して慢性中毒となり、不安・不眠幻覚手足震えなどがみられ、摂取を中止すると禁断現象を起こす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

モルヒネ中毒【モルヒネちゅうどく】

モルヒネの乱用による中毒。アヘン中毒と同様の症状を呈する。急性中毒は大量注射によって起こり,治療にはモルヒネの拮抗(きっこう)薬であるナロルフィン,アミノフェニルチアゾール等の投与,人工呼吸など。慢性中毒はモルヒネを鎮痛薬として連用した際などに起こる。治療はおもに入院による即時禁断,後に精神療法を行う。
→関連項目麻薬中毒

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

モルヒネちゅうどく【モルヒネ中毒】

モルヒネによる麻薬中毒。多くはモルヒネの乱用による慢性中毒で、脱力・食欲不振・不眠・知覚過敏・震え・幻覚・恐怖などの症状が見られ、禁断症状は激しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

モルヒネ‐ちゅうどく【モルヒネ中毒】

〘名〙 モルヒネによる薬物中毒。麻薬中毒の典型的なもの。急性中毒は大量の一時使用により起こり、悪心、嘔吐から昏睡をきたし、呼吸中枢の麻痺により死亡する。慢性中毒は反復注射により起こり、不安、不眠、知覚過敏、幻覚、手足の振顫(しんせん)、瞳孔縮小を認め、投与の中止により禁断現象を起こす。モヒ中毒。
※陰獣(1928)〈江戸川乱歩〉九「例へばかのモルヒネ中毒(チウドク)の様に、一度染んだなら一生涯止められないばかりでなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のモルヒネ中毒の言及

【モルヒネ】より

… モルヒネの名前は,ギリシア神話の眠りの神ヒュプノスHypnosの子の夢の神モルフェウスMorpheusに由来するもので,これは主作用である鎮痛作用と同時に,痛みに伴う不安を除き,不快な感覚を忘れさせて快感をもたらし,陶酔をきたす作用による。この性質は,習慣性を生じる原因ともなり,しだいに用量を増やさなくては初めの効果が得られない状態,すなわち耐性を生じるとともに,いわゆるモルヒネ依存,モルヒネ中毒をきたすため,麻薬に指定されている。
[モルヒネの生理作用]
 少量で強い鎮痛作用に加え,呼吸抑制作用を現し,さらに睡眠におちいる。…

※「モルヒネ中毒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android