コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンゴル相撲 モンゴルずもう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンゴル相撲
モンゴルずもう

モンゴル伝統の徒手格闘技ブフと呼ばれ,国技としてたいへんな人気を集める。約 2500年の歴史をもち,かつてチンギス・ハン(成吉思汗)も愛好したといわれる。日本の相撲と技の共通点も多く,その源流という説もある。民族色豊かなゾドク (ベスト) ,ショーダク (パンツ) ,ゴダル (ブーツ) を身に着けて対戦する。相撲のような立ち合いの激突はなく,柔道のように組み合って始める。土俵もなく,地面に相手の膝や肘,頭,背中などを先に押しつけた方が勝ち。寄り切りのような技もない。手のひらが着いてもよく,あくまで「投げる」「倒す」が基本で,勝負は数時間に及ぶこともある。相手の足や腰をつかんでのダイナミックで多彩な投げ技,足技が駆使され,決まり手は 500種類をこえる。毎年7月に国中で開かれる祭典ナーダムには欠かせぬ主要競技となっている。なかでも首都ウラーンバートルのナーダムは国の王者決定戦で,強豪がひしめき盛り上がる。優勝者は国民的英雄となる。選手は入場の際と勝利のあとに,タカの姿を象徴した踊りを舞い,遊牧民族の勇壮さが漂う。 1997年にブフ・リーグが発足し,有力企業の支援でクラブが急増。セミプロ選手も出現するなど商業化も進んでいる。優勝2回でアバルガ (日本の横綱に相当) という称号が送られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モンゴル‐ずもう〔‐ずまふ〕【モンゴル相撲】

モンゴルの格闘技「ブフ」のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モンゴル相撲【モンゴルずもう】

モンゴル系の人びとが行う伝統的な格闘技。地域によって相撲をとる時の服装やルールが異なる。大きく分けると三つの系譜がある。(1)中国内モンゴル自治区系,(2)オイラート系,(3)ハルハ系。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界の祭り・イベントガイドの解説

モンゴルずもう【モンゴル相撲】

モンゴルの国技で、民族の祭典ナーダムで行われる3つの競技の一つ。神事の性格もそなえた格闘技で、中世には兵士の鍛錬として行われた。現代ではプロのリーグもある。土俵やリングはなく、伝統的に草原で行われてきた。頭、背中、肘、膝、尻などが地面につくと負けとなる。手のひらはついてもよい。試合前、および勝ったときには、鳥のように舞う踊りをする。日本の相撲の起源とする説もある。◇モンゴル語では「ブフ」という。

出典|講談社世界の祭り・イベントガイドについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴルずもう【モンゴル相撲】

モンゴル系の人々が行う伝統的な格闘技。蒙古相撲ともいう。地域により服装やルールの一部に違いが見られ,大きく分けて,(1)中国内モンゴル自治区系,(2)オイラート系,(3)ハルハ系などの流れがある。内モンゴル自治区の服装は,革製で鋲(びょう)のついたベストと,幅の広いゆったりとしたズボンで,両方の掌が同時につくと負けとなり,腰から下を手でつかまえることを禁じたルールをもつ。また,おもにモンゴル国の西部に住むオイラート系諸集団は,上半身裸で短いズボンのみを身につけ,お互い組み合った状態から相撲を始め,相手の背中を地面に一定時間押さえ込むと勝負がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンゴル相撲の関連キーワードドルゴルスレン・ダグワドルジナイダン ツブシンバヤルダバァー・バトバヤルジジド・ムンフバトエスニックスポーツ日馬富士公平レスリング朝青龍明徳ナーダム祭白鵬 翔オルリコ照ノ富士エスイ白鵬翔鍛錬中世神事

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モンゴル相撲の関連情報