コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤイロチョウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤイロチョウ

(1) Pitta nympha; fairy pitta スズメ目ヤイロチョウ科。全長 18cm。頭は褐色,頭央線と太い過眼線は黒色,背との一部は淡緑色,眉斑は黄白色。小雨覆と腰はコバルト色,尾は緑青色で先端は濃青色。胸腹部は黄褐色,下腹部は赤色で,初列風切は紫色を帯びた黒色で白斑がある。文字どおり八色(やいろ)の羽色の鮮やかな鳥である。中国南部,チェジュ(済州)島,日本,タイワン(台湾)などで繁殖し,ボルネオ島で越冬する。日本には夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,本州中部以南と四国地方九州地方対馬など各所の森林で繁殖が確認されている。常緑広葉樹林や針広混交林に生息し,木の根元のくぼみや岩のすき間などに巣をつくる。ミミズや節足動物などを地上で探して捕食する。「しろぺんくろぺん」と聞こえる声でさえずる(→さえずり)。
(2) Pittidae; pittas スズメ目ヤイロチョウ科の鳥の総称。3属 33種からなり,全長 15~29cm。雌雄同色で,どの種も羽色が鮮やかである。頭は体のわりに大きく,頸は短く,胴体はずんぐりとしており,翼も尾も短い。脚は長めでしっかりし,趾(あしゆび)も長い。アフリカの 2種とオーストラリアの 3種を除き,インドネパールから東南アジア東アジア南部に分布している。ほとんどの種が暗い森林内に生息し,地上で昆虫類,陸生の貝類,ミミズなどをとって食べる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヤイロチョウ

羽に多くの色があり、漢字では「八色鳥」。スズメより一回り大きい。日本では1937年に山奈村(現宿毛市)で初めて繁殖が確認された。5月中旬に東南アジアから飛来して卵を産み、子育てを終えた秋に南下する。近年の生息個体数は全国で推定100~150羽程度。環境省レッドリストで、将来に絶滅する恐れが高い「絶滅危惧IB類」に分類されている。

(2015-04-24 朝日新聞 朝刊 高知全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤイロチョウ

ヤイロチョウ科の鳥。翼長12cm。黄色の眉斑(びはん)が目立ち,背面や翼は緑や青で美しい。インド,台湾,南中国,日本で繁殖し,北方のものは冬,南へ渡る。日本では本州,四国,九州で夏鳥として繁殖しているが局地的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤイロチョウ
やいろちょう / 八色鳥
pitta

広義には鳥綱スズメ目ヤイロチョウ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Pittidaeには約23種があり、アフリカから南アジアを経てオーストラリアやソロモン諸島にまで分布する。全長15~28センチメートル、どの種も尾が短くて足が長く、赤や青や緑からなる美しい羽色をしている。森林にすみ、おもに地上で昆虫やカタツムリなどの小動物をとって食べる。ねぐらは樹上にとり、さえずりも樹上で行う。巣は地上のくぼみなどに、側面に入口のある球形のものをつくる。一腹卵数は4~6個。抱卵、育雛(いくすう)は雌雄ともに行う。
 種としてのヤイロチョウPitta brachyuraは全長約20センチメートル。名のとおり緑、赤、黄、青、茶、黒などの多彩な羽色をしている。インドからオーストラリアにまで広く分布し、日本には夏鳥として少数が訪れ、おもに南日本で繁殖する。常緑広葉樹のよく茂った森林にすみ、「ポポピー、ポポピー」とさえずる。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤイロチョウの関連キーワードマミヤイロチョウ(眉八色鳥)ヤイロチョウ(八色鳥)マミヤイロチョウ壱岐対馬国定公園四万十(市)黒腹縞八色鳥高知県の要覧高知[県]アリサザイイワサザイ喉黒八色鳥瑠璃八色鳥赤腹八色鳥角八色鳥アリドリ眉八色鳥偽太陽鳥鬼八色鳥西土佐高知県

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤイロチョウの関連情報