コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤコブ Ja'acōb; Jacob

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤコブ
Ja'acōb; Jacob

旧約聖書中の人物。イスラエルともいい,イスラエル民族の祖。イサクラバンの妹リベカの子。ヤコブはイサクに愛されていた双生児の兄エサウから長子権を譲り受け (創世記 25・24~34) ,また彼を偏愛した母の策略に従って父を欺いて「もろもろの民はあなたに仕える」との祝福を受けた (同 27・1~29) 。さらに兄の復讐を避けるため母の故国ハランに逃れる途次ベテルにおいて夢のなかで神の祝福を受け,目ざめてのちアブラハム,イサクの神と同じ神をみずからの神とする誓いを立て,神の賜物の 10分の1を神に捧げることを約した (同 28・10~22) 。ハランにおいて彼はラバンの娘レアラケル姉妹と結婚,その子らはイスラエルの部族の祖先となった。ヤボクの渡しで神と組打ちをしたことからイスラエル (「神と競う」「神が支配する」の意) と改名 (同 32・28) ,のち彼は飢饉のため食糧を求めてエジプトへおもむいたが,そこで国の司となっていた子ヨセフと再会して幸福な晩年を過した。遺言に従ってカナンのコムレ東方マクペラの墓地に葬られたという (同 49~50章) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ヤコブ(Jacobus)

旧約聖書中の族長の一人。イサクの子。双子の兄エサウを欺(あざむ)いて長子権を奪った。神の使いと組み打ちして祝福を受け、イスラエル(神が支配する)の名を与えられた。12人の息子はイスラエル十二部族の祖となった。
イエス十二使徒の一人。ゼベダイの子。使徒ヨハネの兄。大ヤコブ。
イエスの十二使徒の一人。アルパヨの子。小ヤコブ。
イエスの弟または従兄弟。エルサレム教会の指導者となる。「ヤコブの手紙」の筆者とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ヤコブ

旧約聖書中のイスラエルの族長の一人。名祖としてイスラエルIsraelとも呼ばれる。イサクとリベカの子。策略によって双生児の兄エサウから長子の特権を奪い,その12人の子はイスラエル12部族の祖となった。
→関連項目ヨセフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤコブ【James】

十二使徒の一人で,ゼベダイの子,福音書記者ヨハネの兄弟。〈大ヤコブ〉〈年長のヤコブ〉ともいう。44年ころ,ヘロデ・アグリッパの迫害によりパレスティナで殉教(《使徒行伝》12:2)。スペインに伝道し,数々の奇跡を起こしたとの伝説がある。9世紀初頭に遺骨が発見されたというスペインのサンチアゴ・デ・コンポステラ(サンチアゴは,スペイン語で〈聖ヤコブ〉の意)は,今日なお巡礼地として名高い。同地は中世には,帽子などにホタテガイの殻をつけた巡礼が西欧各地から集まり,キリスト教三大巡礼地の一つとして栄えた(なお,今日でもフランス語でホタテガイをcoquille Saint‐Jacques(聖ヤコブの貝)と呼ぶ)。

ヤコブ【Jacob】

古代イスラエルの族長の一人(《創世記》25~36ほか)。〈ヤコブ物語〉の形成過程でイサクの子とされ,またイスラエル12部族の名祖(なおや)であるユダヨセフベニヤミンなど12人の息子と娘ディナの父。民族の名祖として,イスラエルIsraelとも呼ばれた。ヤコブ伝承は中部パレスティナおよび東方を舞台として,多彩な物語的展開を示す。ヤコブは双生児の兄エサウの空腹につけ込んで一杯の煮豆と引替えに長子権を手放させ,また眼のかすんだ父をだまして,長子エサウに与えられるはずの祝福を奪い,彼の報復を逃れて母方の親族アラム人ラバンのもとに身を寄せるが,両者の間でかけひきとだまし合いがなされた。

ヤコブ【James】

1世紀半ばのイエスの兄弟の一人で,初期エルサレム教会の指導者。イエスの存命中には母マリアと同様彼の宣教に対して無理解で批判的であった(《マルコによる福音書》3:21,31)が,教会の伝承はこのヤコブに復活のイエスは現れたとしており(パウロの《コリント人への第1の手紙》15:7),それを契機にして原始キリスト教団に加わったと思われる(《使徒行伝》1:14)。その後イエスの兄弟ということもあってか,教会の中心的指導者となり,ペテロがエルサレムを去った後(《使徒行伝》12:17)には,エルサレム教会の実権を握った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ヤコブ【Jacob】

旧約聖書中の族長の一。イサクの子。双子の兄エサウをだまして長子権をうばう。天使と格闘して敗れたが、神の祝福を受けイスラエルと改名。一二人の息子たちはイスラエル十二部族の祖とされる。

ヤコブ【Iakōbos】

〔ヤコボとも〕
イエスの十二弟子の一。元ガリラヤの漁師。ゼベダイの子。ヨハネの兄弟。ヘロデ・アグリッパによって殺された。大ヤコブ。年長のヤコブ。
イエスの十二弟子の一。父はアルパヨ。小ヤコブ。
イエスの兄弟。イエスの死後、福音を理解して初期のエルサレム教会の指導者の一人となった。主の兄弟ヤコブ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のヤコブの言及

【サンチアゴ・デ・コンポステラ】より

…ロマネスク様式の大聖堂をはじめ,36の修道院と46の教会があり,16世紀に創立された大学もある。サンチアゴはキリストの十二使徒の中の大ヤコブのスペイン語名。そしてコンポステラは一般にはラテン語campus stellae(星の原),また一説にはcompositum(墓場)に由来するといわれるが,はっきりしたことは不明。…

【使徒】より

…しかしパウロの《コリント人への第1の手紙》15章5節以下が示している最初期の宣教の要約は,実際にはイスカリオテのユダを欠いて十一人となっていたはずの弟子グループをそのまま〈十二人〉と表示することによって,それがすでにきわめて早い時期に固定化されたひとつのまとまりを意味していたことを暗示していることは注目すべきである。使徒たることの条件は,イエスの復活顕現の証人であることであったと思われるが,上掲の宣教の要約はその証人として〈十二人〉〈五百人以上の兄弟たち〉そして〈ヤコブおよびすべての使徒たち〉に言及している(15:5~7)。しかし《ルカによる福音書》の著者は使徒を十二弟子に限定しており,さらに同著者による《使徒行伝》は伝承にさかのぼる二ヵ所(14:4,14)を除いては,パウロをも使徒とは呼ぼうとしていない。…

【巡礼】より

…ローマ巡礼は9,10,11世紀,および50年ごとに聖年が宣布されるようになった14,15世紀の2度にわたって極盛期を経験した。9世紀,サンチアゴ・デ・コンポステラで使徒大ヤコブの墓所が発見されたという報知は,ヤコブのスペイン伝道の伝説とともに西欧に流布した。ただちに巡礼者が集まり始め,とくに12世紀以降,巨大な霊場となった。…

【ヨハネ】より

…父の名はゼベダイZebedeeといい,ガリラヤの出身。福音書の伝えるところによると,兄弟ヤコブとともに父の家業であった漁師をしていたところをイエスによって見いだされ,弟子とされたという(《マルコによる福音書》1:19~20)。〈十二弟子〉の名前のリスト(同3:16~19)では筆頭弟子のシモン・ペテロのすぐ後に挙げられ,兄弟ヤコブとともに,〈ボアネルゲBoanerges〉(〈雷の子〉の意)という別称を与えられている。…

【イスラエル】より

…遊牧民アブラハムは,のちにイスラエルの神になったヤハウェから,彼の子孫にカナンの地を与えると約束された(〈アブラハム契約〉)。アブラハム,イサク,ヤコブの3代は族長と呼ばれる民族草創の父祖であるが,ヤコブを民族の直接の先祖とする伝承により,ヤコブの別名はイスラエル,その12人の子らはイスラエル12部族の名祖であったと説明される。 ヤコブ一族のヘブライ人は,飢饉を逃れてエジプトへ移住したが,やがてエジプト人の奴隷となって苦役に服した。…

【エサウ】より

…族長イサクの長子。旧約聖書の《創世記》によれば,双子の一人としてヤコブに一歩先んじて生まれた。弟のヤコブとの抗争は母リベカの胎内から始まり,生涯に及ぶ。…

【毛】より

…仏を人間に似せた仏教は釈迦三十二相の中に毛孔生青色相と身毛上靡相(じようびそう)を強調する。イサクの次男ヤコブは父を欺いて毛深い兄エサウの代りに祝福を受け,兄の怒りをかった。死の床にあったイサクが子ヤギの皮を手に巻いたヤコブをエサウの手と勘違いしたためで,毛が仲たがいの原因だった。…

【ユダヤ教】より

…この契約に基づき,カナンは〈選民〉ユダヤ民族の〈約束の地〉になった。族長アブラハムの孫ヤコブは,別名をイスラエルと称し,のちに12部族の名祖となった12人の子らの父であったが,飢饉を逃れてエジプトへ移住した。その子孫がエジプト人の奴隷にされて苦役に服したときに,族長の神と名のる主の顕現を受けたモーセが,彼らを率いてエジプトを脱出した。…

【ヤコブの手紙】より

…新約聖書中《公同書簡》と呼ばれる手紙の一つ。著者はみずからをヤコブと称しており(1:1),そこからイエスの弟ヤコブの手紙とする説もあるが,大多数の学者はそれを否定する。おそらく1世紀末~2世紀初めに1人のユダヤ人キリスト者によって書かれたものと思われる。…

※「ヤコブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤコブの関連キーワードフランスのサンチアゴ・デ・コンポステラの巡礼路サンティアゴ医療行為とクロイツフェルト・ヤコブ病ヤコブ(古代イスラエルの族長)サンチアゴ・デ・コンポステラサンティアゴデコンポステラシベニクの聖ヤコブ大聖堂バル・ヘブライオス聖ヤコブ大聖堂ヤコブ原福音書ヤコブの梯子ヤコブ[大]パトリアルクヤコブ[小]クロアチアマフリアノ病者の塗油クールーvCJDナフタリ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤコブの関連情報