コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤチダモ ヤチダモ

リフォーム用語集の解説

ヤチダモ

モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹。環孔材。英名はJapanese ash。単にタモともいう。やや重硬で、加工性や割裂性、表面仕上げにおいては並であるが、弾力性が高い。家具や装飾材、日常器具の材料として使用されているほか、ベニヤ材、土木材などの合板材料にも用いられる。

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤチダモ
やちだも
[学]Fraxinus mandshurica Rupr. Var. japonica Maxim.

モクセイ科トネリコ属の落葉高木。高さ20~30メートル。樹皮は灰白色で浅く縦裂し、枝は太い。葉は対生し、奇数羽状複葉で長さ約40センチメートル、葉柄の基部は膨らむ。小葉は7~11枚で狭長楕円(だえん)形、先はとがり、縁(へり)に鋸歯(きょし)がある。小葉は無柄、葉軸につくところに赤褐色の軟毛が密生する。雌雄異株。4~5月、新葉とともに側芽から円錐(えんすい)花序を出し、花弁のない細かい花を多数つける。翼果は下垂し、広倒披針(ひしん)形で長さ約3センチメートル、10月に熟する。山間の肥沃(ひよく)な湿地に多く生え、岐阜県以北の本州、北海道、および朝鮮半島に分布する。材はやや重硬で、建築、家具、運動具、合板などに広く使われ、北海道から材が多く出る。[小林義雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤチダモの言及

【トネリコ】より

…栃木県から宮崎県に至る太平洋側の温帯山地の湿潤地にときに純林をつくる。ヤチダモF.mandshurica Rupr.var.japonica Maxim.は高さ25mになり,小葉は7~11枚と多い。本州長野県以北,北海道,サハリンおよび朝鮮半島,中国北部からウスリー地方までの河岸や湿地付近の肥沃地に純林をつくる。…

※「ヤチダモ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤチダモの関連キーワードチョウセンアカシジミトドノネオオワタムシ野幌森林公園アカシジミ小林義雄アオダモ女満別北海道網走湖大葉梣シオジ塩地心材箱根木理たも

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤチダモの関連情報