コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤツデ(八つ手) ヤツデFatsia japonica; yatsude plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤツデ(八つ手)
ヤツデ
Fatsia japonica; yatsude plant

ウコギ科の常緑低木。関東地方以南の暖地の海岸に近い林下に生えるが,庭木として最も普通に栽植されている。茎は根もとから数本集って出て,あまり分枝せず,半月形の葉痕があり,中心に太く白い髄がある。葉はうちわ状に7~9深裂し,直径 20~40cm,質厚く光沢があり,若いときには花序とともに茶褐色の綿毛でおおわれるが,のちに無毛となる。晩秋から初冬にかけて,茎頂に大きな円錐花序をつけ,初めは早落性白色の包葉に包まれる。両性花雄花とがあり,花は白色で萼は不明瞭。花弁とおしべはともに5個ずつ,めしべ花柱は4~6本に分れる。果実は球形翌春に黒く熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤツデ(八つ手)の関連キーワードウコギ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android