コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナギ(柳) ヤナギSalix; willow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤナギ(柳)
ヤナギ
Salix; willow

ヤナギ科ヤナギ属 Salixの植物の総称であるが,一般にはそのうちの1種,シダレヤナギ (垂柳) をさしていう場合が多い。ヤナギ属は主として北半球の温帯に約 300種が分布する大きな属で,一部は南アメリカにも知られる。大部分が落葉高木で細長い葉を互生するが,なかには対生の種類 (イヌコリヤナギなど) やミネヤナギなどの高山性の種類で小低木のものも含まれる。日本には約 40種の自生が知られ,川原や山地の林縁などにネコヤナギ (猫柳) ,バッコヤナギ S. bakko,アカメヤナギ S. chaenomeloidesなどが普通にみられ,またやや湿った場所にオノエヤナギ S. sachalinensis,カワヤナギ S. gilgianaなどが多い。街路樹や庭園樹としてなじみの深い,いわゆるヤナギはシダレヤナギで,中国大陸の原産ともいわれるが自生地は知られていない。日本では古くからごく普通に栽培され,8~10mもの高木ながら地面近くまで枝が垂れ下がる優美な樹姿をもつことから世界でも広く栽培されている。柳行李は水田などに栽培するコリヤナギ (行李柳) S. koriyanagiの枝でつくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤナギ(柳)【ヤナギ】

ヤナギ科ヤナギ属の総称であるが,単にシダレヤナギをさすことも多い。ヤナギ属植物は落葉性の高木〜低木。主として北半球に分布し,世界に300種以上,日本には雑種を含めて,ネコヤナギコリヤナギなど約70種が知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤナギ【ヤナギ(柳) willow】

ヤナギ科ヤナギ属Salixに属する植物の総称。湿った場所を好む落葉性の高木または低木で,北半球の温帯亜寒帯を中心に約300種が生育する。日本には32種がある。また種間雑種が多数報告されている。葉は互生し托葉がある。葉で種を区別するのは難しいが,托葉は種の識別形質として有効な場合が多い。雌雄異株。花は春,穂状または尾状の花序につく。花序の形や大きさは種ごとに特徴がある。花は花被をもたず腺体があって,みつが分泌され,虫媒花である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヤナギ(柳)の言及

【朱雀大路】より

…日本の古代都城において,京を東の左京と西の右京に二分する大路。平城京,平安京では京の正門羅城門と宮の正門朱雀門をつなぐ。〈しゅじゃくおおじ〉ともいう。唐の都長安の朱雀街にならって設けた。京中の大路の中で,中央大路として最も重視され,幅員も最大で,路面幅で藤原京が19m,平城京,平安京が70mである。儀礼空間としても利用され,歌垣,雨乞い,除災の仏事,貧窮者への賜物などを行うことがあった。維持・管理についても特別扱いされ,清掃や街路樹の手入れのための人夫を置いた。…

【清明】より

…中国,二十四節気の一つ。新暦4月4,5日ごろにあたる。気候もすっかり温暖となり,桃やスモモの花が咲き,柳が緑にけむって,まさに清明(すがすがしい)と呼ぶにふさわしい。唐代以降,郊外に出かけて酒宴を開く,いわゆる踏青(とうせい)の行事が盛んになったのも,新鮮な緑へのあこがれのためである。清明節は,禁火のために冷食する寒食節の後に直接連続する祝日であり,早朝になると,人々は一斉に新しい火を起こした。これを新火と呼ぶ。…

【花】より

…その方法には昆虫(虫媒花),鳥,コウモリなどの動物によるものと,風(風媒花)や水(水媒花)の無生物によるものに二大別される。前者では,昆虫などを誘うために美しい花が多く,においを出したり,蜜腺(スイカズラ),花盤(ミカン),腺体(ヤナギ)をもち,みつを分泌しているものも多い(図4)。また小さい花が多数集まって房をつくり,花序全体が虫を誘引するものもある。…

※「ヤナギ(柳)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤナギ(柳)の関連キーワードテグスサン(天蚕糸蚕)イヌコリヤナギバッコヤナギオノエヤナギカワヤナギヤナギ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android