ヤマザクラ

百科事典マイペディアの解説

ヤマザクラ

本州(東北南部以西)〜九州の山野にはえるバラ科の落葉高木。樹皮は紫褐色で横に長い皮目が目立ち,枝には初めから毛がない。葉は長楕円形で長さ8〜12cm,鋭細歯をもち,下面は白っぽい。葉柄は赤みがあり,上端に1対の腺がある。花は春,数個ずつ散房状について,葉と同時に開き,径2.5〜3cm,微紅色の5弁花。後に紫黒色の果実を結ぶ。ソメイヨシノ出現以前の花見の主役はほとんど本種で,奈良の吉野山,京都嵐山などが知られる。現在も庭園に広く植えられる。材は家具,器具,版木などに使う。
→関連項目サクラ(桜)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

リフォーム用語集の解説

ヤマザクラ

バラ科サクラ属の落葉広葉樹。散孔材。漢字では山桜。学名はPrunus jamasakura。加工性、着色性ともに優れ、磨くと光沢がでる。乾燥はやや困難であるが、狂いは少なく、耐久性は高い。 高級家具材、建築材、造作材として使用されている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマザクラ
やまざくら / 山桜
[学]Prunus jamasakura Sieb.

バラ科の落葉高木。宮城県以西の本州から九州の山地に生え、日本のサクラを代表する一つ。赤茶色に染まった新葉と同時に淡紅色花を開き、成葉は緑色で裏面は白みが強い。日本の西南部にあるヤマザクラの海岸型をツクシヤマザクラという。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヤマザクラの関連情報