コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤロビ農法 ヤロビのうほう yarovizatsiya

6件 の用語解説(ヤロビ農法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤロビ農法
ヤロビのうほう
yarovizatsiya

ミチューリン農法のうえに立って,T. D.ルイセンコが発見した植物栽培法。春化処理の理論に基づくもので,植物の芽や種子を低温や高温で処理することによって発育,開花,結実を早めたり,その遺伝性を変えたりする方法。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ヤロビ‐のうほう〔‐ノウハフ〕【ヤロビ農法】

《「ヤロビ」は「ヤロビザーチヤ」の略》春化処理を行って、秋まきの農作物の種子を春にまくなどして増収を図る農業のやり方。ソ連のミチューリンおよびルイセンコが開発。日本では昭和25年(1950)ころから行われた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤロビ農法【ヤロビのうほう】

ロシアの育種家ミチューリンの研究とその後輩ルイセンコ発育段階説に基づいた農法および育種法。ミチューリン=ルイセンコ農法とも呼ばれる。ヤロビはヤロビザーツィヤ春化処理)の略。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヤロビのうほう【ヤロビ農法】

第2次大戦後,食糧増産の声が盛んであった昭和20年代から同30年代初頭にかけて宣伝され,一部の農家の人々によって信奉,実施された農法の一つ。ソ連の遺伝・育種・農業生物学者T.D.ルイセンコの学説,およびその先輩で1855年生まれの民間育種家I.V.ミチューリンの経験から得られた考え方,および実施した遠縁雑種法に主として基づいた農法である。ミチューリンは優良品種は縁の遠い品種間,さらに異なった種の間の交配によって得られ,親の産地が離れているほど,かつ親の育った環境が違うほど優良品種が得られるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ヤロビのうほう【ヤロビ農法】

〔ヤロビはヤロビザーチャの略〕
春化処理を用いた農法。1955年(昭和30)頃盛んに行われた。ミチューリン農法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤロビ農法
やろびのうほう

1950年代に、長野県下伊那(しもいな)の農民を通じて日本全国に広まった農業技術に対する用語で、一名ミチューリン農業とよばれる。ソ連のミチューリンは1917年の十月革命後、新技術による果樹品種の育成の功績をレーニン、スターリンに認められ、ソ連農業技術者として高く評価された。新技術とは、たとえば中部ソ連において、アジアとヨーロッパのような遠隔地間のナシを交配すると、両親の特性は失われ、新しい特性をもった品種が育成されるとか、接木(つぎき)の場合、接穂を一定の時期に取り去っても、若い台木はこの接穂のために性質を変えるというメントール法、また普通の交配では容易に結実しない場合、その間で接木をし、穂木(ほぎ)に台木の花粉を交配すると交雑が可能となる栄養接木雑種法などで、メンデル遺伝学では理解不可能な理論を提案した。春化(しゅんか)現象を究明したソ連のルイセンコはミチューリンの理論をさらに発展させ、のちにミチューリン‐ルイセンコ理論といわれ、外的環境条件に対する生物体の遺伝的変化を否定するメンデル遺伝学と、これを肯定するルイセンコ遺伝学の二つの路線が一時期(1950前後)世界各国で活発に論争された。
 ヤロビとはロシア語のヤロビザーツィヤяровизация/yarovizatsiya(春播(まき)にする、春化の意)の略語で、ヤロビ農法とは、ルイセンコらの理論に基づいて、作物を温度処理によってその成長を支配し、作物の性質を変える農法を意味し、秋播き性→春播き性、あるいは晩熟性→早熟性という育種を目標とする場合と、低温処理による増収などをねらう栽培技術を目標としている。わが国のヤロビ農法はむしろ増収を目的としてイネ、ムギの穀物以外にトマト、キュウリなどの野菜にまで及んだ。しかしその成果が不明のまま1970年(昭和45)までには立ち消えとなった。[田中正武]
『栗林農夫著『ヤロビの谷間――下伊那のミチュリン運動』(青木文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヤロビ農法の言及

【春化処理】より

…その後,この春化の理論を応用し,作物の芽や種子を温度処理することによって開花・結実をはやめたり,あるいは増収をはかる試みなどが行われてきた。第2次大戦後の日本の一部で流行したヤロビ農法もその一つといえるが,増収面での有効性については,国際的にも疑問視されている。
[春化の種類]
 春化処理の効果は植物のエージ(齢)や植物の種類によって異なっていて,種子で春化が進行するものと,発芽して一定の大きさの苗にならないと春化が進行しないものとがある。…

※「ヤロビ農法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤロビ農法の関連キーワード起債市場サントアプレゲール戦後農業調整委員会噴霧機穂積[町]横須賀[市]荷見安第2次大戦