コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニコード Unicode

翻訳|Unicode

パソコンで困ったときに開く本の解説

ユニコード

一般の文字コードが、特定の言語を表記するために作られたものであるのに対して、世界中のすべての言語を単一の文字コードで表現することを目的に作られている規格です。日本語に関しては、すべての漢字が含まれているわけではないなど、不完全だという声もあります。
⇨文字コード

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ユニコード(unicode)

コンピューター用の文字コード体系の一。世界のあらゆる文字の表現を目指し、1993年にISO国際標準化機構)とIEC(国際電気標準会議)との合同技術委員会で標準化された。
[補説]1文字を16ビットで表現したため最大6万5536文字しか収録できず、漢字の統合を試みる結果となった。この作業をハンユニフィケーションとよぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ユニコード

コンピューターで扱う文字の国際コード体系。ISO(国際標準化機構)によってISO10646として規格化されている。各国でまちまちの文字コードを採用して情報交換に不便をきたしている現状をふまえ,単一の2バイトの文字コードで世界の多くの文字を表現しようとする試み。
→関連項目外字JIS漢字コード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ユニコード

Unicode」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ホームページ制作用語集の解説

ユニコード

ユニコードコンソーシアムにより作られ、標準化された文字コード。従来は各国の言語によって独自の文字コードが使用されていたが、ユニコードでは同一の文字コード体系で世界中の主流言語を網羅している。

出典|(株)ネットプロホームページ制作用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ユニコード【Unicode】

世界中の文字表現に対応できるコンピューター用の統一文字コード。欧米を中心に提唱されたコードで、アルファベットや漢字など、すべての文字を二バイトで表す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユニコード
Unicode

世界中で使われている文字を統一的にコード化しようというプロジェクト,またそこで作成された統一的文字コードのこと。ユニコードプロジェクトはゼロックスマイクロソフトアップルなどのアメリカ合衆国の企業が参加するユニコードコンソーシアム(1990設立)によって進められたが,当初設定した単位である 2バイトコードでは文字が収まりきらず,追加的に一部を 4バイトコードにするなどしたため,複雑なものとなった。また,同一の漢字でも日本で使うものと中国で使うものでは字体などが異なる場合も少なくなく,論議を呼ぶところとなっている。ウィンドウズ,MacOSXなどパーソナル・コンピュータオペレーティングシステム OSレベルでは,すでにユニコードに対応している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユニコードの関連キーワードスマートフォン・タブレット型端末用語ファイルフォーマットJIS X0221シフトJISコードアルファベットことえり2.2ことえり2.3CJK統合漢字バイト(情報)シフトJIS戸籍統一文字EUC欧米

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユニコードの関連情報