コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーイング ユーイング Ewing, Sir (James) Alfred

9件 の用語解説(ユーイングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーイング
ユーイング
Ewing, Sir (James) Alfred

[生]1855.3.27. スコットランドダンディー
[没]1935.1.7. ケンブリッジ
イギリス物理学者エディンバラ大学卒業後,1878年来日し,東京帝国大学機械工学を講義。滞日中に金属の磁気的性質を研究し,磁気ヒステリシス (ヒステリシスは彼の命名) の発見者の1人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ユーイング
ユーイング
Ewing, Juliana Horatia

[生]1841
[没]1885
イギリスの女流児童文学者。作品『ダーウィンおじさんのハト小屋』 Daddy Darwin's Dovecote (1884) ,『短い生涯の物語』 The Story of a Short Life (85) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ユーイング(James Alfred Ewing)

[1855~1935]英国の工学者・地震学者。1878年(明治11)来日し、東大で機械工学や電磁気学を教授。また、地震の研究を行い、振り子型地震計を製作した。83年帰国。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユーイング

英国の物理学者。エディンバラ大学で学び,1878年来日。東大で機械工学を講じ,J.ミルンらとともに日本地震学会を設立,また地震計の考案,観測所の創設などで日本の地震研究に先駆的役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ユーイング Ewing, Sir James Alfred

1855-1935 イギリスの物理学者。
1855年3月27日生まれ。明治11年(1878)東京大学教授となり物理学,機械工学などをおしえる。水平振り子による地震計を考案,13年ミルンらと日本地震学会を創設して日本における地震学の基礎をつくった。磁気学研究にも業績をのこす。16年帰国。のちケンブリッジ大教授,母校エジンバラ大の副総長。1935年1月7日死去。79歳。スコットランド出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ユーイング

没年:1935.1.7(1935.1.7)
生年:1855.3.27
明治期に来日したお雇い外国人イギリス人物理学者。スコットランドのダンディの牧師の家に生まれ,エジンバラ大学土木工学ジェンキン教授に師事。その後グラスゴー大学トムソン教授(ケルビン卿)の輩下として,大西洋海底電線の敷設工事などに従事した。トムソンの推薦により明治11(1878)年9月に東大の教師として来日し,物理学,蒸気機関論,器械学などを講義した。16年6月まで在職し,田中館愛橘らの門弟を育てた。当時滞日中のミルンと同じように地震学に関心を寄せ,日本地震学会の創立に寄与するとともに,地震計を創製し,地震観測所を設立した。 16年に帰国後はダンディ大学の工学教授となり,1890年ケンブリッジ大学に移って機械工学,応用機械学の教授を務めた。磁気学の研究で著名になるとともに,1903年海軍教育部長,16年母校エジンバラ大学の副総理に就任するなど教育面でも活躍。テキスト《The Steam Engine and other Heat Engine》(1894)を著し,広く利用された。1885年にダイアーがグラスゴー大学の2回目の教授選応募の際,推薦者のひとりとなったが,これは不首尾に終わった。<参考文献>T.J.N.Hilkins《Engineering at Cambridge University》,土木学会編『明治以後本邦土木と外人』

(三好信浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ユーイング【James Alfred Ewing】

1855‐1935
イギリスの工学者,物理学者。スコットランドのダンディーに牧師の子として生まれる。1871年エジンバラ大学の給費生となり,W.トムソンのもとで大西洋海底電線敷設にあたった。78年招かれて東京大学の機械工学教師となり,79年地震学の研究を始め,地震計を製作したり大学内に地震観測所を設けたりした。83年生地のダンディーのユニバーシティカレッジの工学教授となり,90年よりはケンブリッジのキングス・カレッジの機械学・機械工学教授となった。

ユーイング【Juliana Horatia Ewing】

1841‐85
イギリスの児童文学作家。有名な児童文学作家だった母親ギャティMargaret Gatty(1809‐73)の編集した《ジュディおばさんの雑誌》その他に寄稿し,《小人のブラウニー》(1870)などのファンタジー,《ジャカネイプス》(1883),《短い一生の物語》(1885)などのリアリズム作品を残した。人生を愛情豊かな目で凝視し,むだなくひきしまった文体で描写して,児童文学の質を高めた。【神宮 輝夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ユーイング【James Alfred Ewing】

1855~1935) イギリスの物理学者・地震学者。1878年(明治11)来日。地震観測所の設立、地震計の製作など日本の地震学の先駆をなした。83年帰国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のユーイングの言及

【地震学】より

…地震に関する哲学的考察は古くはギリシア・ローマ時代にさかのぼるが,自然科学としての地震学が芽ばえたのは1880年ころに地震動を正確に記録する地震計が発明されてからである。発明者は日本の明治新政府の御雇教師として来日していたイギリスの物理学者J.A.ユーイングである。その後,適当な周期と倍率をもつ地震計が遠隔の地に起こった大地震による波動を記録することが知られてからは,ドイツや帝政ロシアなどで性能の良い地震計が製作され,世界各地で地震観測が行われるようになった。…

※「ユーイング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユーイングの関連キーワードアビーストーンノットメークヒルハウスブラウンスゴッチェシャンドジュウェットフロラン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユーイングの関連情報