コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユール ユール Juel, Jens

6件 の用語解説(ユールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユール
ユール
Juel, Jens

[生]1745.5.12. バルスレブ
[没]1802.12.27. コペンハーゲン
デンマークの画家。ハンブルクで修業し,1765年コペンハーゲンに帰り宮廷画家として活躍。ローマ,パリ,ジュネーブなどを旅行し各地で肖像画を描き,80年に帰国。アカデミー会員,のちに会長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ユール
ユール
Juel, Niels

[生]1629.5.8. クリスチャニア(現オスロ)
[没]1697.4.8. コペンハーゲン
デンマークの軍人,提督。デンマーク=スウェーデン戦争 (1658~60) ,スコーネ戦争 (75~79) において,陸軍の劣勢なデンマークのために,多くの海上での勝利をもたらし,スウェーデン艦隊を壊滅させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ユール
ユール
Yule, Sir Henry

[生]1820.5.1. スコットランド,ミドロジアン
[没]1889.12.30. ロンドン
イギリス歴史地理学者。父はイギリス東インド会社勤務の軍人で,自身も工兵軍人としてインドで勤務 (1840~62) 。その間 1855年フェイヤー使節団の一員としてビルマに行く。 75年帰国後インド評議会,ハクルート・ソサエティの評議員としてインド統治歴史地理学研究の発展に貢献,その他中世の旅行記などを研究。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ユール

英国の軍人,東洋学者。インドのベンガル軍に勤務。帰欧後,独,伊に滞在。著述に専心して,マルコ・ポーロの《東方見聞録》を訳注,1871年出版(第3版はコルディエの補注入りで1903年刊)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ユール【jul】

古代北欧の祝祭。古語ではjól。古英語geolやゴート語fruma‐jiuleis(〈11月〉)の対応語の存在から,広く古代ゲルマン人全般にあったと考えられるが,その実体は不明。スウェーデン人学者セランデルH.Celanderによれば,ユールキリスト教定着以前の北欧では個々の家庭,血族集団がかかわる収穫祭,豊穣祭の性格をもつ私的祭儀であった。祝祭は,干し草作りや放牧家畜の囲込みなど,収穫作業を完了したあと,そして冬至の前の時期,すなわち中世北欧の暦法で〈ユーリルýlir〉と呼ばれた第2冬月(太陽暦の10月中旬から11月中旬まで)に,とくに雄豚を供犠したあと食べ,ビールを飲むなどの共同会食を伴った宴として催され,その意図は豊穣神への感謝と祈願,血族構成員間のきずなの強化であったろう。

ユール【Henry Yule】

1820‐89
イギリスの歴史地理学者。スコットランド生れ。父ウィリアムはインドで活躍した軍人で,アラビア語ペルシア語写本の収集家として名高い。彼も20歳のとき軍人としてインドへ渡り,1862年に退職。64年より,夫人の病気療養と研究のため,シチリア島パレルモに住んで著述に専念。75年,夫人の死去を期に帰英し,以来インド省に勤務した。中国に関する西方の記録を深く研究し,とくに,《東方見聞録》の英語による訳注本である《マルコポーロの書》(1871。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のユールの言及

【クリスマス】より

…大方の草木の枯れるときになお緑を保つ常緑樹は永遠の生命の象徴として飾られた。ゲルマン人の冬至の祭ユールについて詳しいことはわからないが,ローマ人の冬至の祭については詳細な記録が文学・絵画・彫刻などに残っている。12月25日はローマの冬至の当日であった。…

【スカンジナビア】より

…室内の飾りつけは個性が生かされ,斬新なデザインと研究を重ねた機能的な家具の数々に特色があり,彼らの好みや高い文化水準を表している。 一年中でもっとも大きな祝い事は誕生日と12月末のユールのころである。後者は各国少しずつ異なった方法や伝統をもつが祖父母から孫まで親戚中が集い24日の夜に贈物を交換しごちそうを作って家庭でくつろぐ。…

※「ユール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユールの関連キーワード古英語Gömbös G.Götz,J.N.O'Sullivan,J.L.Möller,J.O.L.Mohnike,O.G.J.López Portillo,J.Löbel,G.R.メーラー,J.O.L.モーニケ,O.G.J.

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユールの関連情報